09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.09/11(Wed)

【DmC】DMDを普通に字幕プレイ【M6】



M6です。
MATCHにサキュバスが入っていようとも、それでも俺は飲みます。

オマケのRTは、どうやらサキュバスがうまい具合にガードして弾き返して、それにうまい具合にダンテが当たると発生するようです。
他に当たり判定デカくて弾き返せそうな攻撃はせいぜいケブーリーの矢くらいなんで、そうそうない現象だとは思いますが、ネタとしてはオモシロイですね。
これで被弾した時はさすがに何が起きたか理解できなかったですけど...。


M6です。
意外と被弾しましたが、M5に比べれば楽園でした。
体験版の動画とメリハリを付けるために今回は弾き(パリー)に重点を置いてみました。

簡単そうで難しそうで簡単です。何言ってんのかわかんないと思いますがそうです。
DmCにロックオンがない、というのは散々言ってきたことですが、厳密に言うと違います。
いわば「オートロックオン」とでも言うようなシステムで、ダンテが正面に捉えている敵を自動的にロックオンし、その対象に対して攻撃をするシステムになっています(体感)。
なので、例えば「正面の敵を攻撃していたが、後ろの敵が攻撃態勢に入ったのでその敵を攻撃して敵の攻撃を潰したい」というシチュエーションになったとき、DMC3や4なら「ロックオンを外して後ろの敵をロックオンし直す」だけで実行でき、コンボを継続できました。
しかしDmCの場合、「今行っている攻撃が出し切られるまで待ってから後ろを振り向く」という方法しか取れず、これではとても後ろの敵の攻撃には間に合いません。なので結果的にコンボを中断し回避をすることになります。

このシステムがM6のサキュバス戦のパリーにも絡んできています。
基本的にサキュバスのパリーを狙う場合、サキュバスの右、もしくは左から来るなぎ払い攻撃に限られてきます。
この攻撃をパリーするには右から来るなら右側に、左から来るなら左側に、サキュバスの攻撃判定と同タイミングにダンテの攻撃判定を発生させる必要があります。

このとき、ダンテが正面を向いていて左からのなぎ払いが来た場合、「左スティック+攻撃ボタン」とすれば、過去作ならダンテが瞬時に左を向き攻撃してくれていました。
しかしDmCのダンテは先述のロックオンシステムの関係で反応が鈍く、そのまま正面を攻撃してしまうのでパリーは失敗し、なぎ払いの餌食になります。
なので左なぎ払いが来た場合、「左スティック→攻撃ボタン」と操作し、ダンテをしっかり左方向に向かせてから攻撃することで、パリーが成功します。

いろいろ細かいことを書きましたが、まとめると「攻撃が来る方向にダンテを歩かせてパリーする」というふうになります。
慣れるまではダンテがアホ丸出しで正面を攻撃しますが、慣れてしまえば動画のように遊ぶ余裕も出てきます。

ロックオンがあればもっと楽なんですけど・・・。
スポンサーサイト
17:38  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/22(Wed)

このキャプチャーボードすごいよォ!

さすがコンポジットのお兄さ……弟じゃねーか!


HDMIキャプチャーボードを買いました。

014.jpg

デスクトップパソコン用のキャプチャーで、お値段8000円。
高いです。高いよ。
でも、他のやつだと余裕で2万超えたりもする世界なので、非常にお買い得なんです。
機械はすごいね。

中身はこんな感じ。

016.jpg

キャプボ本体と、紙一枚の説明書、ドライバCDとアダプタのみです。
割と質素ですね。必要最低限です。

ちなみにパッケージの蓋で隠れてる側面にはこんなものが。

015.jpg

他のキャプボに比べれば、まさに夢の様なキャプボです。製作者の愛を感じますね。

使い方は簡単。
パソコン本体をパカァッと開けてキャプボをグサァッと挿すだけです。
グサァッとさしたらこんな感じ。

017.jpg

真ん中のチョイ下の薄い板がキャプボです。
端子に挿すとき微妙に差し込みが固く、ヒヤヒヤしながら挿してました。
たぶん力入れすぎたら折れます。8000円だろうと折れます。


で。
このキャプボで撮った画像がこちら。

amarec20120822-195826_convert_20120822210319.png

ファイルサイズが大きかったので解像度は半分くらいになってますが、スゴイです。
テレビの映像とほぼ遜色ありません。多少暗かったりしますが、たぶんPCの設定とかでしょう。

驚き_convert_20120822211100

もうホントにね。スゴイですよ、コレは。技術革新といってもいいんじゃないですか?
画質の差はアナログ→地デジと同じくらいです。それくらい綺麗です。見ればわかるか。

一応動画も撮って来ました。
雨の中+ACVというエンコ殺しで挑んでみましたが、ぜんぜん大丈夫でした。
動画にすると画質の良さが一層伝わるかと思います。


720pにして見てね 全画面もオススメ

YouTubeにアップしたことで画質は落ちてしまいましたが、それでも綺麗です。
この画質でファイルサイズは1GB切ってます。前にあげてたDMC3の動画は2GB前後です。
元ファイルの画質の大切さがわかりますね。

多少値が張りましたが、コスト相応の働きはしてくれそうです。
DMC3SEは凍結して、ACVかEXVSの動画でもアップしようかな。DMCHDコレクションかったらそっちで3やってもいいですしね。
一般公開でDMC4の画質テストとか、BP登頂もいいなあ。

夢が膨らみます。
21:48  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/05(Sun)

サブ・ブログ

完全に実況ブログと化してしまったこのブログ。いつからこうなった。

個人的に実況はやってて楽しいんですけど、それが万人がおもろいというわけも無いので・・・。サブブログでも作ろうかなーと。

実況ばっかりでブログらしい記事書いてませんしね。

コッチを日記的なブログらしいブログにして、サブのほうは実況動画を貼ってチョロチョロッと紹介を入れる、ってやろうと思います。

Fc2ブログをもういっこ、とするとIDとPWがごっちゃになりそうなので、アメブロなりヤプログなり、別のサイトで作ります。


とりあえず塊魂が終わってから・・・ね。(´ー`) ウフフ

ギター動画とかは多分こっちでやります。実況じゃないし。


で、また実況の話なんですが、次回作はコイツに決定です。




kenzan.jpg

龍が如くシリーズの番外編というかスピンオフというか、そんな感じのゲームです。

舞台は江戸時代初期・・・あたり。主人公は桐生一馬・・・之介さんです。

昔風の名前に変えられちゃってますが、従来のシリーズの桐生さんと性格等はだいたい同じです。

京の町を桐生さんが駆け回り、ときには切り捨て御免したり、ときには遊女と戯れたり、恐らくときには10歳くらいの女の子と散歩したりするゲームです。


一応江戸時代が舞台で、登場人物も歴史上の有名人たちがぽろぽろ出てきますが、史実に忠実なわけはないので、歴史好きの方やそうでない方も、あくまで「ゲーム」として見てやってください。

試しにPart1だけ撮ってやろうと思ったら予想以上に面白くて、もうPart4まで貯め撮りしてます。笑

実況ブログともども、お楽しみに!


塊魂は月曜か火曜あたりにアップします。
14:48  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。