05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2015.06/07(Sun)

Niconico



ニコニコに初投稿し(て)ました。
普通のゲーム動画だと、コメントのつきやすいニコニコ動画はちょっとコワイので避けてたんですが、MADならまあよかろ、と思いやってみました。
わりかしコメントつかないもんですね(血涙)。
まあ短い動画だし、仕方ないよね!

MADなんてもんをつくろうと思ったのは今やってるFate/stay nightの2期OPが超かっこよかったのと、歌詞がACVDに合いそうだったからでございます。
「祈りは時を超えて」とか、AC4→ACV→ヴァーディクトデイの流れっぽいなあと。
曲のテンポも重めで、泥臭いACVのゲームとも合いますしね。

できるだけマギー中心に作りたかったんですが、1分半しか尺がないし、サビは戦闘シーンで盛り上げなきゃいけないしで結構大変でした。
ひさびさにACVDのソフトを引っ張りだして全ミッション録画したんですけど、ほとんど使いませんでした。
先にどのシーンを使うか決めておけばよかった…。

曲「Brave Shine」を使ったFate2期のPVもスゲーカッコイイので貼っときます。



「自分にできることだから
 やらなくてはいけないことだと信じたから
 戦うと決めたんだ」

のセリフの重み、語り方、どっちもいいですわあ。

と言うかこうやって見てみると、ホントに映画みたいですよね。
地上波放送アニメですよ、コレ。凄い時代です。

内容は見ての通りバトル物というかアクション物です。
7人の魔術師がそれぞれに過去の英雄を使い魔(サーヴァント)として召喚して殺し合い、残ったひとりが願いを叶える聖杯を手に入れる、という「聖杯戦争」を主軸に話は進みます。ガッシュとハガレンを足しで2で割った感じですかね。

原作では3つの分岐ルートがあり、今やってる「Unlimited Blade Works」は2つ目のルートになります。
1つ目の「Fate」ルートは、主人公が自分のサーヴァントと恋に落ちつつ聖杯戦争を勝ち抜き、
3つ目の「Heaven's Feel」ルートは後輩と恋に落ちつつ聖杯戦争のシステムそのものをぶち壊していきます。

「Unlimited Blade Works」は主人公自身の理想の話です。
主人公の士郎は幼いころに大きな火災で両親を失い、その火災の中での唯一の生存者でした。
生き残れたのは衛宮切嗣という男が助けたからで、その後士郎は切嗣の養子となり衛宮士郎となります。
それからというもの、士郎は自分を助けてくれた切嗣に憧れ、彼のように誰かを助ける「正義の味方」を将来の夢にします。
ただ、誰かを助けるならそれを傷つける誰かを仕留めねばならないし、大勢のために少数の人間を犠牲にしたりもしなければなりません。士郎の理想は、それでも誰も彼もを助けるという「正義の味方」です。
魔術師であった切嗣に魔術を教わり、ある程度の力を持つ士郎が、聖杯戦争を戦いぬく中でその矛盾した理想を確固たるものにしていく、というのがこのルートの大筋になります。

目の前の人間を助けるというのは、ある種普通の主人公ですが、士郎の場合はかなり度を越したものとして描かれています。
相手がたとえ自分の敵であっても、自分の命を投げ打って助けようとするその様はこのルートのヒロインをもって「壊れている」といわしめるほど。
少年誌とかであればその理想は尊いものとして描かれますが、Fateでは基本的に士郎の在り方は周りから強く反発されます。
「誰かを助けるのは自分を助けてから」とか、「自分より誰かが大切だなんて間違っている」とか、「人助けの果てには何もない」だとか、結構散々な言われようです。
それでも正義の味方を張り続ける士郎の歪な生き様が、今作の魅力ですね。

ちなみに3つ目のルート「Heaven's Feel」では、そんな士郎が自分の理想を捨て、ヒロインだけの味方になるというルートで、それが正しいかどうかは今でも賛否両論になってます。
もともとはPCゲームですが、今ではPS2、PS VITA、スマートフォンでも売ってます。サウンドノベルゲームですが、ゲームらしくハッタリの効いた勢いある文章なのでとても読みやすいです。
気になった方は是非。


あ、あと、アジカンのアルバム「Wonder Future」発売しましたね。
全体的になんというか、君繋ファイブエム~ソルファあたりのゴリゴリしたアジカンって感じでした。
「ランドマーク」のゴリッとしたところだけをリテイクしたような雰囲気です。すごい好き。
それと「スタンダード」が完全にレコーディングし直されて、だいぶ雰囲気が違ってました。
今回のアルバムは全曲、ロサンゼルスにある「フー・ファイターズ」のプライベートスタジオでレコーディングしたとかで、雰囲気の違いもそのせいかなあと思います。
アルバム全体がすごくパワフルなスタンダードロックに仕上がってます。

ただ、なんというかすごくアジカンらしいアルバムなんですが、アジカンらしすぎて、「もっと変化球くれよ!」って少し思いました。
「新世紀のラブソング」をいきなりシングルで売ってくる、右ストレートの合間に左フックを混ぜるようなのがアジカンらしさな気がするんで、そこだけちょっと残念ですね。
堅実にアジカンらしく仕上がったアルバムだと思います。
スポンサーサイト
22:29  |  自作動画  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/31(Fri)

テスト祭り

テストといっても、学力ではなく画質です。
ゲーム紹介も兼ねて、1080pテストをやろうかな、と。
全体的にプレイ内容はテキトーです。

まずはご存知DEVIL MAY CRY4。



散々このブログでも動画アップしたり紹介したりしてますんで、説明は割愛。めんどくせえ。
このゲーム、システムも最高ですが、画質もハンパねぇレベルです。FF13の2年近く前に出てこのシステム、この画質ですよ。
ストーリーがアレだったり使い回しがコレだったりなんてもうどうでもいいよぉ…ってなります。

お次は先程話に出たFINAL FANTASY ⅩⅢ。言わずと知れたRPGの金字塔であるFFシリーズの作品です。



これもまた凄まじい画質です。PS3壊れないの?ってぐらい。
ただ、ムービー等よく見ると、手指のテクスチャが雑だったりしてます。見えにくいところでメモリを節約してるんでしょうね。
戦闘システムは「コマンド選択式のアクションゲーム」といえるくらい、スピーディーです。どの魔法使おっかな~とか考えてると間に合いません。道中の雑魚戦でも普通に死ねました。

ストーリーは結構重い内容でしたが、面白かったです。が、特殊用語祭りで死にそうでした。いわゆる「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」ってヤツ。
しかし、「オートクリップ」という用語解説やストーリーの内容、敵の情報等がまとめられるシステムがあり、とてもわかり易くなっていると思います。文字の量が多くて、読むの結構大変ですけどね。

ほぼ一本道とか言われてますが、終盤はキッチリ自由度全開してくれるので特に不満もありませんでした。必要最低限のコースをたどるのでストーリーにものめり込めるし、わかりやすくてよかったかな。
なんだかんだ言って面白いです。

次は機動戦士ガンダム エクストリームバーサス。



こっちもガンダムって名前くらいは聞いたことあると思います。
ほぼキャラゲーですが、ゲーセンのアーケードから出てきたモノで、ガンダムvsガンダムというシリーズの作品です。そのためゲームのシステムはキャラゲーと侮ることはできません。

アニメのガンダムシリーズは、仮面ライダーのように一つ一つ違う世界観で作られています。
それらの作品の一つで、今まで作ったガンダムシリーズは実は同じ世界で、再生と滅びを繰り返してた……なんて設定(黒歴史という言葉のの元ネタ)が出てきましたが、基本別の世界と考えていいです。
これはそんな、違う世界のロボット達が一同に会すお祭りゲーです。
ガンダムのことを知らなくても、十分に楽しめるとおもいますよ。俺もほとんど知りません。(笑)

ストーリーは特にありません。アーケード出身のせいなのか知りませんが、決められた条件下で徐々に難易度の高いものに挑戦していくトライアルミッションと、普通のアクションゲームのようにミッション1から順々に進んでいくアーケードモード、自分ですべて条件を設定できるフリーモード、ネット対戦モードがあります。
今回の動画はアーケードモードで、1-A~Eから始まり、1-Aから始めたら次は2-Aか2-B、といったように自分でルートを選んでいくモードです。
アーケードモードをクリアしても、撃墜0でクリア等のトロフィーがある程度で、特に何もありません。練習です。
一番の醍醐味はやはりネット対戦ですが、2対2というシステム上かなり殺伐としているようです。

そして大きな特徴の一つに、BGMがあります。
元々ガンダム関係のBGMがたくさん収録され、戦闘中に再生されるのですが、このBGMをPS3の中にある音声ファイルに変更することができます。
なので、USBメモリにでも好きな曲を入れて、戦闘中にその曲を流す…ということができるのです。
実際に動画内でも、MADの音声を入れてます。すぐ分かるとは思いますが。(笑)

とまあ、だいたいこんなかんじです。
いや~スゴイですね。HDMIキャプボ買って正解でした。
キャプボって、録画するだけじゃなくてパソコン画面にウィンドウとして表示することができるので、攻略サイトとゲーム画面を並べて遊んだりでき、とても便利です。FF13はかなりお世話になってます。

Desktop_convert_20120831003903.png

高い買い物なので安易にオススメはしませんが、お金が余って余って…という事態に陥った場合に限りおすすめしますよ。




おまけ。録画ファイルの確認中に発見した、炎獄の覇者の一枚。

ベリアル_convert_20120831004025

やだ炎獄の覇者っぽい!
00:42  |  自作動画  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/10(Fri)

告知

実況用ブログを立ち上げ、更に新作「龍が如く 見参!」をアップしました。


一応最初ということでこちらのブログ記事でも告知しましたが、以降は作業用BGM欄周辺に告知します。

とりあえずブログ更新情報欄にも追加しときましたが、何分反映が遅いので・・・。普通に半日~1日くらい遅れます。

ではでは、新規ブログともどもよろしくお願いいたします。
21:18  |  実況関連  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/06(Mon)

塊魂TRIBUTE がっくり実況プレイ最終回



まさかの音声ファイル破損・・・・・本当にごめんなさい。全てPCが悪いです。
アフレコも久々だったので、結構しどろもどろです。




後編です。終始アフレコ・・・。悲しい。

zoome・ブログでこの動画・シリーズを観てくださった方(いらっしゃるかはわかりませんが)、本当にありがとうございました!
次回作は「龍が如く 見参!」となっております。既にPart4までエンコード終了してます。笑
もしよければ、次回作も見ていただけると嬉しいです。歓喜の極みです。


ちなみに最後の最後で流れてるBGMはASIAN KUNG-FU GENRATIONの「鎌倉グッドバイ」です。
最終回のあいさつにはもってこいかな~と思ってつけてみました。無音じゃさみしいですよね。





最終回。短いようで短かった塊魂TRIBUTE実況プレイはこれでおしまいです。

更新間隔が広がるだのなんだのぬかしといて、なんだかんだで3~5日に一回のペースは守れていたように思います。

最後まで見てくださった方が一体どれだけいるのか、少なすぎて見当がつきませんが、もしいるならありがとうございます!できればコメントほしかったなあ・・・。

次回作「龍が如く 見参!」もよろしく!
21:13  |  塊魂TRIBUTE実況  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/03(Fri)

塊魂TRIBUTE がっくり実況プレイPart14



塊魂の原点。こんなところからこんなゲーム思いつくとは、凄いです。

雪だるま、楽しいですね~。塊魂のモトだけあって、いいです。

そして月を作る・・・太陽を作っちゃったからもうないのかと思ってたんですが、びっくりしました。懐かしいなー。


ちなみに次回、最終回です。分割してますが、一気にアップする予定です。

お楽しみに。

20:06  |  塊魂TRIBUTE実況  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。