05月≪ 2010年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/30(Wed)

定期麻雀実況其ノ陸



目指せ、脱・スランプ!という第6回目。結果は動画でご覧下さい。

動画内で言っている某サイト様というのはこちらです。


初心者のための麻雀のルール説明から、リアル・ネット麻雀事情、麻雀の歴史などにも言及されており、とても便利で読みやすくなってます。

このサイトで学びとったことを上手く使って勝・・・・・・・・・ちたいです。



BGMにはアジカンのいわばB面集「フィードバックファイル」の曲を使ってます。

一発目の「サイレン#」は、正式名称は「サイレン」なのですが、サイレンと言う曲がアジカンで2曲ありまして。

サイレンと言うシングルのカップリングがファンの間で「サイレン#」や「裏サイレン」「女サイレン」などと呼ばれています。

この2つの曲は同じ曲に違う歌詞を載せ、男性目線・女性目線を表した2つで1つの曲という、結構特異な曲になってます。

この二つの曲を重ねてかけてみると結構イイんですなー。



スポンサーサイト
14:48  |  麻雀実況  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/27(Sun)

俺 vs 五線譜

久し振りにCCレモンを飲んだら炭酸3割増しになってた。気がした。

そんなことばかりに思いを馳せている不毛な日曜日を過ごしております。

なぜそのような不毛な1日を過ごしているのかと言うと、前日の土曜日にさらに不毛で無意味な努力をしてしまったからであります。

これが何か分かりますでしょうか。

SH3F0058.jpg



グイっと拡大。

SH3F0059.jpg

ギターの楽譜、「TAB譜」というものです。

五線譜より1本線の多い、言うならば「六線譜」。6本の線それぞれがギターの弦を表しており、そこに書かれた数字の場所(フレット)を押さえるという、単純明快な楽譜です。五線譜は読めないけどこっちは読めるって人も多いです。

で、俺は何をしたかと言うと、読めない五線譜を無理して読み取り、その上その音符をTAB譜に変えていたのです。

ギターの出せる音の中には同じ音がいくつもあり、そのどこを押さえるか考えるだけでも疲れるのに、五線譜を読めないくせして無理して読んでたので頭がハジケそうになりました。


実際にギターを手にして、机にギターの音階をドレミで表した表が載っている教則本と実際の五線譜を置き、そしてその傍らにPCを設置して打ち込みソフトを起動、五線譜の音階をカタカナに直してポチポチと打ち込む作業をかれこれ2~3時間繰り返してました。

これは弾きにくいなーと思ったら別のところで出せる同じ音を探して打ち込んだり、綺麗に曲になっているか確認していくという、模索していく作業が前半1時間は結構楽しかったんですが・・・・・・そのとき直していた音符がメロディーではなく「ベースライン」と気づいた時にはギターを投げかけてました。


その元の曲は「MoonRiver」という綺麗な曲です。



この動画ではトランペット?の音がメロディーにあたるのかな。名前は知らずとも、なんとなーく聴いたことはあると思います。

なんでこの曲をTAB譜に直すなんて無謀なことをしたのかと言うと、その日に行った紳士淑女達(悪く言えばオバチャンたち)が嗜むジャズバンドに行った際この曲をコード弾きで演奏していたんですが、「メロディー弾ける?」という無茶振りをされたのです。

無論ムリムリと答えたんですが、「ロックは弾けるのにだめなのね」という声がどこからか聞こえ、その言葉に逆上し弾いてやろうと思っTAB譜を作るはめになったわけです。

その曲を俺がメロディーで弾くことがあるかどうかさえ定かでないので、不毛で無意味な努力なわけです。( ´,_ゝ`)プッ


変なところで努力するのが悪い癖で、しかも親譲りの頑固モノなので頑張ってしまってるのです。

今はとりあえず弾けるようになるように練習中。(´・ω・`)





オマケ。なぜかマジックディスクを歌ってみました。

[高画質で再生]

magicdisk


歌詞をつけるという無駄な努力をココでも発揮。(´・ω・`)

結構歌いやすいので、上手下手は関係なく俺の十八番に決定。異論はあるか。あればことごとく却下だ。


この曲は、英語表記だと「Disc」ではなく「Disk」なのがポイント。

DiscだとCDとかの取り出し可能なものですが、Dickだと取り出し不可能な円盤、ハードディスクということになります。


廻る 君と今 エイトビート
ただし役目は終わりさ 銀のディスク
ほら 退けよ そこ退けよ

踊れ 時代と寝るようなダンスビート
つまり壱と零の群れ
ハードディスクこそ 意味を
そして分析を


このへんの歌詞が「Dick」の意味を語っているような。
16:42  |  ギター  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/25(Fri)

新訳・のびハザ実況プレイPart3 &動画祭り



のびハザ実況3回目。リッカーだと言っているアレはいったい何なんでしょうか。

そしてやっとこさドラえもんのことが話題になりました。フラグビンビンですよ、ドラえもん!!



そして動画祭りということであと2つほど動画を。





上がDMC3SEのカメラ撮り、下はレッスンを経て進化したループ&ループです。

なぜ今頃になってカメラ撮り動画が出てきたのかと言うと、つい最近までデジカメが昇天していて動画が撮ろうにも取れなかったんですよ。

で、アジカンのAR仕様がどうしてもみたいものでどうにかならんかと知恵を絞っていたところ、ある道具があったのを思い出したのです。


アイトーイというものをご存知でしょうか。

あいとーい

PS2カメラをつないでテレビに自分を映し、自分の体を動かして遊ぶというコントローラーなしのWiiみたいなものです。

で、このアイトーイを昔妹がポンと買ってそのままにしていて、そう言えばアレUSB端子だったなぁと思い出したのです。

そこでそのカメラをPCに転用できないかとグーグル大先生に聞いたところ、できるという返答が返ってきました。

早速ドライバをインストールしてアイトーイカメラをPCにつないだわけです。


なので、アジカンのARもバッチリ見られました。すごいの一言です。科学って進歩してるんだなー。

というわけで↑の動画が撮れたんです。DMCは完全にお遊びですが、ギター動画は最近取れてなかったんでね。

と言ってもそこまで上手くなったわけでもないですが・・・安定感は出てきたかなと思います。
19:26  |  新訳・のびハザ実況  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/24(Thu)

マジックディスク

SH3F0053.jpg

「新世紀のラブソング」「迷子犬と雨のビート」という素晴らしいシングルを経て発売されたこのアルバムを、どうして買わないことができようか。

フラゲとはいかないものの、ギターレッスンに行く途中にキッチリと初回限定盤を購入しました。

上の写真だけ見るとただのデジパックみたいにみえるけど、コレを広げると・・・・・・。


SH3F0055.jpg

こんなことになってしまいます。

外側はこんな感じ。


SH3F0054.jpg

6面ということで、淵と淵を組み合わせることもできます。


SH3F0056.jpg

だから何とか言っちゃだめ。


初回限定盤はこの6面デジパックに加え、NYでのレコーディング風景が収められたDVDも付いてきます。約1時間半ほどで、メンバーの副音声も入ってました。

エフェクターをいじってギターの音作りをしたり、ドラムとベースの拍が合わないので議論していたり、ボーカルトラックを録音している間に他の3人のメンバーがNYを観光してたりしてました。

MIXの際にはNadaSurfのマシュー(Matthew)が遊びに来てたけど、ベースの山さんとかは「誰かわからないけどとりあえず笑っとこう」なんてことを副音声で言ってて、他のメンバーから怒られてました。ナノムゲンにいつもきてるだろ!って。(´ー`) ウフフ


あ、ましゅーじゃないです。Matthewです。


そしてCDの盤面にはこんな模様が描かれてます。

SH3F0057.jpg

上にドカンと書いてある黒い四角。これをマジックディスクのサイトに繋いだWEBカメラにかざすと映像が飛び出すんだそうです。

3Dではなく、CDから映像が出ているようにパソコン上で見ることができるってことみたい。よくわかんないかったらブログTOPにあるマジックディスクのPVを参照してくださいな。


このアルバム「マジックディスク」のコンセプトはその名が示すように”魔法の円盤”。

音楽がレコードからカセットテープへ、カセットテープからCDへ形を変えていったように近い未来CDさえもその役割を終え、ハードディスクのデータへと変わる。そしてそのハードディスクさえもその先はまた形を変える。

それでも「音楽」という根本のカタチは変わることなく人々に愛されるだろうし、その人それぞれに好きな音楽があって、その音楽が言わば魔法に等しい存在なわけで。

その魔法をこれからも回していこう、という思いがこのアルバムにこもっているそうです。


アルバムのリード曲マジックディスクの歌詞にはそのコンセプトが書きこまれてました。

他の曲にもそんな思いがちりばめられて、演奏にはシンセサイザーやストリングスも加わり、「あーアジカンも音楽大好きなんだな」ってのが伝わってくるような気がしました。

今までの5枚のオリジナルアルバムとは違った意味で素晴らしいアルバムになってます。
14:14  |  アジカン  |  EDIT  |  Top↑
2010.06/23(Wed)

定期麻雀実況其ノ伍



スランプとはこういうことです。(´・ω・`)

今回は一度もアガれなかったのでサムネはリーチのときの画面にするしかなかったのであります。



BGMはDevilMayCry4BGMメドレー。DMCシリーズはBGMもスタイリッシュ。
13:59  |  麻雀実況  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。