05月≪ 2011年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/17(Fri)

DmC E3トレーラー雑感



初トレーラーで、ダンテが気づいたら名倉にされていたと名高い、DMCシリーズの新作、DmC DevilMayCryのE3トレーラーが公開されました。結構前ですが。
遅まきながら、感じたことをつれづれと書こうと思います。

最初に見たときは、

「名倉のままやないかい!」
「なんやこの中途半端な銀髪化!」
「スロー演出多すぎ!」
「カメラ止まれ!もっと近寄れ!」
「ネロのモーションパクりすぎ!」
「音軽すぎ!」
「銃ショボい!」
「最後の悪魔キモすぎ!」


と、怒りの感情しか湧いてきませんでした。
今回書くのは後日、というよりも先日、冷静になってもう一度見直した感想です。

街並みは若干古び、荒廃した印象を受けます。
そこに悪魔が出ると、どうやら町が変化し、異次元化?のようなことが起きているようです。カメラも悪魔になってるのかな?
ビルが飛び出したり、地面が隆起したりと、プチ魔界のようなものでしょうか。

ダンテ?が持っている剣はリベリオンではなさそうですね。かなり細身で、後半では変化して炎や氷の属性が付いているようです。
ハイタイムや兜割りといったダンテの十八番は健在で、エリアルレイヴのような技も使っています。
倒れた敵に剣をグリグリしてるのはダンテらしくなく、なんだか腑に落ちませんが、この点は後ほど。

悪魔はチェーンソーを持っていたり、太い剣を持っていたりと、それぞれいろいろな武器を手にしているようです。
DMC2~4でよく言われている、敵の行動の単純さがいくらか改善されるのでしょうか?

その後、ダンテが剣を地面に突き立てると周りの景色がモノクロ化し、ダンテがいつもの赤コートに銀髪(白髪っぽいけど)になり、打ち上げられた敵は行動が緩慢になっています。
恐らく従来の作品でいう「魔人化」のようなものでしょう。モノクロ化も、今までのシリーズではだいたい時間を操っている間の演出です。
これが魔人化と共に起こるということは、DMC2のデビルハーツ(魔人化と同時に、特殊能力を発揮する)を思い起こしますが、ただ単にたまたま魔人化と同時にスローにしているだけかもしれません。

ここからネロのようにスナッチのような物、ルーレットスピンのような物を使い始めます。
スナッチもどきは剣を伸ばして敵を引き寄せるのではなく、なぜか伸ばした後に敵に引き寄せられています。
ネロの場合は、敵が重い場合はネロが吹っ飛んでいきました。そんなに重いのかな、敵。

素手のコンボや、二丁拳銃も使っていますね。
3以前の話ということで、これまでの設定をそのまま使っているのならエボアボは出るのか出ないのか微妙なラインです。

そもそもエボニー&アイボリーはダンテの知り合いのガンスミスが、「すぐに銃を壊すからで特別に頑丈なものを」というコンセプトで、ダンテが「トニー・レッドグレイヴ」という偽名を使っているときに作られた銃です。
DMCシリーズ4作全てに出ている武器は、剣も銃も含めて実はエボアボだけ。何気に皆勤賞で、それだけダンテの愛着もあるということになっているのでしょう。

そんなエボアボ、DmCはどうやら3以前の話なので、手に入れる過程を書くのか、元々持っているのか、そもそも出てこないのか。気になるところですね。
DmCの二丁拳銃は音がやけに軽く、4よりも更に豆鉄砲のようなので、違う銃であってほしい…。

魔人化が解けたあたりから、持っている武器が鎌のような形になってますね。赤いエフェクトも派手になっています。
炎属性って感じですが、ダンテのいわゆる魔力は「赤」で通ってる(はず)なのではっきりしません。

その後なぜか教会?のような場所に落ち、そこでも戦闘が繰り広げられます。
今度は武器が青白いエフェクトを持ち、氷属性だよーといった雰囲気。
たまーに武器を左手でもってたり、完全にネロと同じモーションがあったりしますが、まだ開発段階ということで流用してるんでしょう、きっと。
もしかすると、今までのファンが気づいたらニヤッとすると思ったのかもしれませんが、もしそうならトレーラーには載せないはずです。

雑魚を倒しきったところで中ボス?が登場。
DMCの敵らしくない、なんだかグロテスクな外観です。
ダンテは青いオーラをまといながら、スカイスター?のような動きをした後に、DMC3のクロウラーのように炎を前方に飛ばし、なんとまあ一撃で仕留めています。

倒しきると上から椅子が落ちてきて、トボトボ歩いているナグラに当たらないのかハラハラ、いやむしろ当たれとハラハラします。
4のダンテなら当たってたかな。もちろん自分から。

最後の最後に、終わったかと思いきや更にグロテスク、というかもう気持ち悪い敵が登場。
チラッとだけですが、やっぱりDMCらしくない敵ですね。


というわけで順を追って予想を交えつつ、とりあえず見た感じの気づきを書いてみました。

fpsという、1秒間に何枚の画像が切り替わるかという指数が、あの黒歴史である2も含めすべて60fpsだったのですが、今回はゲームエンジンの関係で半減、30fpsまで落ち込んでいるそうです。
その分画質が上がるはずなのですが、なぜかPS2並のグラフィック。
モーションの流用とともに、まだ開発段階ということで我慢しましょう。

映画化の噂はどうやらDmCらしく、つまりDmCを映画化するということです。
それならストーリーに凝っていると行っていたDmCプロデューサーの言も理解できますね。

見た感じ、ナグラはやはり偽物でもなんでもないダンテのようです。
銀髪化がなによりの証拠で、偽物ならこうはならないのでは。
少しの間だけ本物のダンテに更に近づく、というのであれば別ですが。

タバコや倒れた敵への突き刺しグリグリ等、全体的にヤサグレた印象を受けます。
地面に剣を突き立てて衝撃波で攻撃するなど、攻撃に関しても荒々しさというか、力を持て余しているような感じです。
自分が悪魔のハーフということでヤケクソになり、その巨大な力で大暴れしてる……といったところでしょうか。

これまでのダンテになる過程を描く、ということらしいので、そんなヤサグレンテから更正して、両親の偉大さを知り、人間の愛を知るのでしょう。
…ってそれDMC3のストーリーやないかい!

そのへんも映画化が絡んでいるので、上手く纏め上げてくれるのではないでしょうか。
ナンバリング外ということで、完全に従来のシリーズを無視したぶっこわしストーリーかもしれませんけどね。

なんにせよナンバリング外の外伝として、いっそグッチャグチャにしていただいでもいいとは思います。
これから先DmC路線で行かれたらそれはもうシリーズの終焉を感じますが、さすがにそれはないでしょう。
正統続編であるDMC5の発表が、DmC発売前後にあれば最高なのではないでしょうか。
もちろん5をつくるのなら今にでも発表していただきたいですが。


そんなわけで今回のE3トレーラー、まだまだ開発中ということと、ナンバリング外の外伝であるということならばまだ許せる範囲ではないでしょうか。
ダンテじゃなくていいんじゃないか?と言われればぐうの音も出ませんし、俺自身そう思っていますが、コレがDMC5ではないだけで嬉しいです。
DmCの映画化にも若干の不安は残りますが、ゲームの映画化はたいていオモチロクナイというイメージがありますし、皆そこまで期待してないと思われます。

ストーリーはさておき、アクションゲームですからゲームシステムが面白くなっていることを期待します。
なんだかんだでたのしみですね。


追記にコメ返。

スポンサーサイト
21:03  |  DevilMayCry  |  EDIT  |  Top↑
2011.06/03(Fri)

Husking Bee

昨年8月頃に記事に書いた(と思う)、初ライブの際に一緒に演奏してくれた方からCDをもらいました。
と言ってもライブをやってからというもの顔も見てないので、楽器店の店長兼レッスンの先生を介して、です。

どうやらライブの練習の時にCDをあげる、という話をしていたそうなのです。
ハイ、すっかり忘れておりました。
そう言われてみれば話していたような・・・というくらい曖昧な記憶なのですが、とても爽やかかつ情熱的なアンビバレントな方でした。
男性で恐らく30代…という話は置いといて、貰ったCDについてです。

Husking Bee(以下ハスキン)という、1994年に結成し、2005年に解散した広島出身のバンドのCDで、FOUR COLOR PLOBLEM、the steady-state theoryの2枚のアルバムを焼いた物を頂きました。
広島出身というだけでなにかときめくのに、自分が生まれた年に結成したといわれるともう運命感じちゃいますよ。

日本での「エモ」の先駆けと言われるバンドで、初期のアジカンの曲もエモらしいです。
実際にハスキンのトリビュートアルバムで、アジカンがカバーソングを収録しています。

というわけで、最初に聞いたときは「めっちゃアジカンっぽいやん」という印象でした。
聞き進めていくうちにアジカンにはないギターサウンド、感情的なボーカル等々、ドンドン引きこまれていきました。

お気に入りは「新利の風」という曲。



基本的に英語詩なのですが、この曲のように日本語の曲もあります。
日本語でも何言ってんのかわからないのでどっちでもいいんですがね。笑

いいバンドを教えていただきました。正直アジカンばっかり聴いてるのもどうかと思うので。
フジやサカナも聞くには聞くんですけど、気分転換に・・・ってくらいなんですよねえ。
我ながら気持ち悪い。聴きすぎ。


追記に(久しぶりの)コメ返。

19:11  |  音楽  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。