07月≪ 2012年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/31(Fri)

テスト祭り

テストといっても、学力ではなく画質です。
ゲーム紹介も兼ねて、1080pテストをやろうかな、と。
全体的にプレイ内容はテキトーです。

まずはご存知DEVIL MAY CRY4。



散々このブログでも動画アップしたり紹介したりしてますんで、説明は割愛。めんどくせえ。
このゲーム、システムも最高ですが、画質もハンパねぇレベルです。FF13の2年近く前に出てこのシステム、この画質ですよ。
ストーリーがアレだったり使い回しがコレだったりなんてもうどうでもいいよぉ…ってなります。

お次は先程話に出たFINAL FANTASY ⅩⅢ。言わずと知れたRPGの金字塔であるFFシリーズの作品です。



これもまた凄まじい画質です。PS3壊れないの?ってぐらい。
ただ、ムービー等よく見ると、手指のテクスチャが雑だったりしてます。見えにくいところでメモリを節約してるんでしょうね。
戦闘システムは「コマンド選択式のアクションゲーム」といえるくらい、スピーディーです。どの魔法使おっかな~とか考えてると間に合いません。道中の雑魚戦でも普通に死ねました。

ストーリーは結構重い内容でしたが、面白かったです。が、特殊用語祭りで死にそうでした。いわゆる「パルスのファルシのルシがパージでコクーン」ってヤツ。
しかし、「オートクリップ」という用語解説やストーリーの内容、敵の情報等がまとめられるシステムがあり、とてもわかり易くなっていると思います。文字の量が多くて、読むの結構大変ですけどね。

ほぼ一本道とか言われてますが、終盤はキッチリ自由度全開してくれるので特に不満もありませんでした。必要最低限のコースをたどるのでストーリーにものめり込めるし、わかりやすくてよかったかな。
なんだかんだ言って面白いです。

次は機動戦士ガンダム エクストリームバーサス。



こっちもガンダムって名前くらいは聞いたことあると思います。
ほぼキャラゲーですが、ゲーセンのアーケードから出てきたモノで、ガンダムvsガンダムというシリーズの作品です。そのためゲームのシステムはキャラゲーと侮ることはできません。

アニメのガンダムシリーズは、仮面ライダーのように一つ一つ違う世界観で作られています。
それらの作品の一つで、今まで作ったガンダムシリーズは実は同じ世界で、再生と滅びを繰り返してた……なんて設定(黒歴史という言葉のの元ネタ)が出てきましたが、基本別の世界と考えていいです。
これはそんな、違う世界のロボット達が一同に会すお祭りゲーです。
ガンダムのことを知らなくても、十分に楽しめるとおもいますよ。俺もほとんど知りません。(笑)

ストーリーは特にありません。アーケード出身のせいなのか知りませんが、決められた条件下で徐々に難易度の高いものに挑戦していくトライアルミッションと、普通のアクションゲームのようにミッション1から順々に進んでいくアーケードモード、自分ですべて条件を設定できるフリーモード、ネット対戦モードがあります。
今回の動画はアーケードモードで、1-A~Eから始まり、1-Aから始めたら次は2-Aか2-B、といったように自分でルートを選んでいくモードです。
アーケードモードをクリアしても、撃墜0でクリア等のトロフィーがある程度で、特に何もありません。練習です。
一番の醍醐味はやはりネット対戦ですが、2対2というシステム上かなり殺伐としているようです。

そして大きな特徴の一つに、BGMがあります。
元々ガンダム関係のBGMがたくさん収録され、戦闘中に再生されるのですが、このBGMをPS3の中にある音声ファイルに変更することができます。
なので、USBメモリにでも好きな曲を入れて、戦闘中にその曲を流す…ということができるのです。
実際に動画内でも、MADの音声を入れてます。すぐ分かるとは思いますが。(笑)

とまあ、だいたいこんなかんじです。
いや~スゴイですね。HDMIキャプボ買って正解でした。
キャプボって、録画するだけじゃなくてパソコン画面にウィンドウとして表示することができるので、攻略サイトとゲーム画面を並べて遊んだりでき、とても便利です。FF13はかなりお世話になってます。

Desktop_convert_20120831003903.png

高い買い物なので安易にオススメはしませんが、お金が余って余って…という事態に陥った場合に限りおすすめしますよ。




おまけ。録画ファイルの確認中に発見した、炎獄の覇者の一枚。

ベリアル_convert_20120831004025

やだ炎獄の覇者っぽい!
スポンサーサイト
00:42  |  自作動画  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/22(Wed)

このキャプチャーボードすごいよォ!

さすがコンポジットのお兄さ……弟じゃねーか!


HDMIキャプチャーボードを買いました。

014.jpg

デスクトップパソコン用のキャプチャーで、お値段8000円。
高いです。高いよ。
でも、他のやつだと余裕で2万超えたりもする世界なので、非常にお買い得なんです。
機械はすごいね。

中身はこんな感じ。

016.jpg

キャプボ本体と、紙一枚の説明書、ドライバCDとアダプタのみです。
割と質素ですね。必要最低限です。

ちなみにパッケージの蓋で隠れてる側面にはこんなものが。

015.jpg

他のキャプボに比べれば、まさに夢の様なキャプボです。製作者の愛を感じますね。

使い方は簡単。
パソコン本体をパカァッと開けてキャプボをグサァッと挿すだけです。
グサァッとさしたらこんな感じ。

017.jpg

真ん中のチョイ下の薄い板がキャプボです。
端子に挿すとき微妙に差し込みが固く、ヒヤヒヤしながら挿してました。
たぶん力入れすぎたら折れます。8000円だろうと折れます。


で。
このキャプボで撮った画像がこちら。

amarec20120822-195826_convert_20120822210319.png

ファイルサイズが大きかったので解像度は半分くらいになってますが、スゴイです。
テレビの映像とほぼ遜色ありません。多少暗かったりしますが、たぶんPCの設定とかでしょう。

驚き_convert_20120822211100

もうホントにね。スゴイですよ、コレは。技術革新といってもいいんじゃないですか?
画質の差はアナログ→地デジと同じくらいです。それくらい綺麗です。見ればわかるか。

一応動画も撮って来ました。
雨の中+ACVというエンコ殺しで挑んでみましたが、ぜんぜん大丈夫でした。
動画にすると画質の良さが一層伝わるかと思います。


720pにして見てね 全画面もオススメ

YouTubeにアップしたことで画質は落ちてしまいましたが、それでも綺麗です。
この画質でファイルサイズは1GB切ってます。前にあげてたDMC3の動画は2GB前後です。
元ファイルの画質の大切さがわかりますね。

多少値が張りましたが、コスト相応の働きはしてくれそうです。
DMC3SEは凍結して、ACVかEXVSの動画でもアップしようかな。DMCHDコレクションかったらそっちで3やってもいいですしね。
一般公開でDMC4の画質テストとか、BP登頂もいいなあ。

夢が膨らみます。
21:48  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/16(Thu)

HDMIの偉大さ

前の記事でもチラッと書きましたが。
スゴイですよ、HDMI。
液晶テレビ持ってんのにコンポジット接続してる人は、正直2万円分くらい損してると思いますよ。
なんでPS3本体にHDMIケーブルついてないのか理解に苦しむほどです。
売りだした当時はまだブラウン管テレビが多く、HDMIなんて挿せねえ!って人を配慮してのことなんでしょうが、PS3の価格を考えればHDMIの一本や二本、同梱できそうなもんなんですけどね。

ただ、やはりHDMIケーブルは多少値が張ります。
1mでだいたい1000円前後でしょうか。安いものは安いですが、果たして使い物になるのかどうかはわかりません。
しかし、1000円以上出しても相応かそれ以上の働きをしてくれます。その画質は、ただただスゴイの一言です。

さて、ここに数ヶ月前のACVの記事の画像があります。

 amarec20120225-222453_convert_20120225222544.png   

言うまでもなくコンポジット接続です。
キャプチャーボードを使って撮影したので、テレビで表示するのと同等の画質ですが、細かい数字はぐちゃぐちゃでほぼ読めませんし、画面も暗いです。

そしてこちらがHDMI。
007_convert_20120816203239.jpg

携帯電話で撮影したにもかかわらず、線のクッキリ度合いや、画面の明るさが段違いなことがわかると思います。
そうなんです。明るいんですよ、HDMIって。ホラーゲームで、コンポジットだと暗すぎて何も見えないぐらいだったとしても、HDMIではハッキリクッキリ見えます。
そして画質そのものの良さも言わずもがな。

005_convert_20120816204222.jpg

もうスンッゴイクッキリしてます。パソコンの文字と同程度のクッキリさです。
つーかもう画質だけで言うならPCゲームです。

006_convert_20120816204132.jpg

ケーブル変えるだけでこれなんだから技術ってすごいね。

003_convert_20120816204847.jpg

戦闘モードでも鬼のクッキリ。

002_convert_20120816204640.jpg

小さなLOCK ONの文字や細い線、丸いゲージの右側100.00の小数点までハッキリしてるんだから笑えてしまいます。
そしてこの青いゲージ、今日ジックリ見るまで気づかなかったんですが……。
004_convert_20120816204719.jpg

ビミョーに白で縁取られてるんです。

amarec20120314-185825_convert_20120816205542.png 

コンポジだと、もはや線の輪郭すらあやふやなレベルなので、恐ろしい差です。


今回はわかりやすくするため文字がかなり小さいACVの画像でしたが、FF13やDMC4なんかは「あれ?実写より綺麗じゃね?」ぐらいのレベルです。ちょっと盛ったかも。
最近のPCディスプレイはHDMI端子を装備してる物も多いと思うので、試してみるといいかもしれません。
その差に愕然とするはずです。マジでヤバイです。マジヤバ。

実際にHDMIを使うときはPS3の映像出力設定で、解像度を「720p」にすることをおすすめします。
1080pが表示できれば最高ですが、1080iはあまりおすすめしません。720pのほうが綺麗だと思いますよ。

「i」と書かれているものはインターレースという表示方法を使っており、この映像はテレビ用のものです。
どういうものかというと、画面を細いシマシマにして、表示する部分としない部分を半々にすることでデータ量を抑えるというものです。あくまでテレビ用なので、そのままパソコンに表示すると細かい縞模様が入ることがあります。Youtubeなどのゲームプレイ動画で、激しい動きの際に縞模様が出ていればそれがインターレースです。
デインターレースという処理をかけることである程度緩和できるのですが、画質は落ちてしまいます。
それはテレビでも似たようなもので、やっぱりいくらか画質は落ちてしまいます。

そこで登場するのが「p」です。
これはプログレッシブの意味で、簡単に言えばパソコンでの表示方法です。
パソコンの画面の表示でデータ量を抑えても仕方ないので、この方法を取れるのでしょう。
インターレースがない分、画面が鮮明に写り細かい文字も表示することができますし、動きもより滑らかになります。

なので、解像度の大きい「1080p」よりも「720i」が綺麗なことが多いです。
もちろん使用するディスプレイやゲームにもよりますし、主観に寄っても左右されるので実際に見て判断するのも大事でしょうね。








ここまでガシツガシツって書いといてなんですが

今俺が使ってるテレビ16型なんですよね
21:34  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑
2012.08/11(Sat)

夏です。暑いね。
冷夏とか言ってなかった?気のせい?去年もっと暑かったっけ?


さて。
ちらっとFC2の管理画面入ってびっくり。前の更新が5ヶ月前でした。
もはや「ブログやってます」なんて言えないレベル。すみません。

最近は学校で部活っぽいことやって青春したり、とおもいきや色恋沙汰とは無縁、財布は落とすし携帯も落とすし進路は迫るし挙句誕生日まで来やがった。あ、成績はいまのところ落としてないつもりです。

試験は終わったので、あとの夏休みは部活に行ってオープンキャンパスに行って家にこもる程度しかすることがありません。
DMC3をYouTubeにアップしてたんですが、コントローラーが全て(2台)とも昇天しまして……。アホみたいな難易度も相まって、もうなんかね。
EXVSを買ったので、その動画でも撮ろうかな~とか思ってます。

024.jpg

なかなか面白いですよ、コレ。ガンダム知らなくても、純粋なアクションゲームとして楽しめます。
アーマードコアみたいな弾丸撃ちっぱゲームと違って、このゲームはきちんと狙い撃たないとすぐ弾がなくなります。
それと、ガンダムらしく格闘コンボが割りと強いです。あとかっこいい。
操作もアーマードコアやDMCなんかと比べると非常に単純で、すぐに覚えられると思いますよ。
ただ、キーコンフィグは変えたほうがよさそうです。個人的にアナログスティックも使いづらいので、初めて十字キー使いました。案外使えるもんですね、十字キーって。

システムは結構単純なんですが、それゆえに細かなテクニックや戦術がモノを言うゲームで、もう30時間ほどやってますがまだ怖くて対戦に手を出してません。
なんだか「初心者?ああ死ねよ」みたいな雰囲気がビンビン伝わってくるんです・・・・・・。

あと、FF13も買ってました。

025.jpg

これを買う少し前から、PS3とテレビの接続をコンポジットをやめてHDMIに変えたんですが、ものすごい画質なんですよ、HDMI。
やばいです。アナログと地デジ並に違います。
液晶使ってるけど赤白黄色のピン端子使ってるって人は、さっさとHDMIに変えるべきです。マジで。パネェよ。

そんなHDMIの本領発揮みたいなゲームでした。
グラがもうすごい。スクエニの執念みたいなのが見えてきそうでした。
ゲームの評判はあまり芳しくないようですが、俺はかなり楽しめました。
ストーリーはなかなか重かった(特にヴァニラとその近辺)ように思いますが、RPGにあるまじき序盤の一本道は逆に進めやすくて気楽でした。
13章だか14章あたりで一気に自由になった時、逆に戸惑ったくらいです。アクションに慣れてる人はちょうどいいんじゃないでしょうかね。
戦闘もスピード感たっぷりで、「RPGの皮をかぶったアクションゲーム」ぐらいの忙しさでとても楽しかったです。雑魚戦でも普通に全滅してたので、やりがいも十分でした。
今はクリア後でミッションをチマチマやってます。

あと、アジカンも新曲出しましたね。2曲も。

027.jpg

上が「それでは、また明日」。したが「踵で愛を打ち鳴らせ」です。

踵~は4月に、それでは~は7月に発売されました。
どちらもカップリング曲が一曲だけで少しさみしいですが、それをカバーするほど良い感じの曲でした。

踵はバラードチックな曲で、喜怒哀楽をモチーフにした歌詞が面白く、サビの「オールウェイズ・オールウェイズ」が非常に印象的です。



PV 踊りが怖い

それでは~は、ナルトの映画の主題歌です。
ベースから入る辺りがちょっと「遥か彼方」っぽいですね。
歌詞がなかなか皮肉が効いてます。音楽もかなりアジカンらしい雰囲気で、かなり好みな1曲です。次のアルバムを待ち遠しくさせる曲でした。

それと、生まれて初めてコンパクトエフェクターも買いました。

006.jpg

エフェクターとはギターとアンプの間につないで、音色を変える機械です。ペダル部分を踏んでスイッチを入れます。l
ギタリストがたまに足元をグッと踏んでることがあるんですが、あれはこのエフェクターのスイッチのONOFFを切り替えているんです。
もともと、マルチエフェクターという10~20種類ほどのエフェクターが一緒くたになったでかいボードみたいなのを持ってたんですが、ノートパソコンより大きく重いので、気軽に持ち運べるコンパクトエフェクターを買うことにしました。
今回買ったのはディストーションというエフェクトで、ロックのエレキギターのギュイーンとした音が出ます。


なんかすごい人のデモ動画

大きさはスマホほどで、厚みがあるのでポケットにこそ入らぬものの、鞄の中ならすっぽり入れることができ、かなり重宝してます。
音もマルチエフェクターとは比べものにならないほどに良く、ここ最近はマルチエフェクターの出番ありません。
ちょっと高かったですが、それ相応の価値はありました。大満足です。


・・・・・・半年でこんなに買い物してたのね。すごいね。
なにか買うたび「ブログに書こうかな」と思い、思ってるうちにひと月くらい経ち、新しいものを買い、またブログに書き忘れ、気づけば5ヶ月です。早いね月日って。

今後も、気が向いたら更新します。よろしくです。
15:11  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。