11月≪ 2012年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/30(Sun)

ファンタシースター

最近、またネトゲやってます。PSO2。
ネトゲといっても、ソロでも十分楽しめるのでぼっちさんにもオススメ。
かなりアクション性が強く、グラフィックも半端無く、ストーリーもあって楽しいですよ。

とりあえず動画撮って来ました。



このゲーム、まずはキャラクターを作成するところから始まるんですが、このキャラクリが凄い力の入れようです。
まず「種族」が3種類あり、能力も見た目も普通のヒューマン、耳が長くて魔法系が得意なニューマン、ロボットで硬いキャストから選びます。
性別も選んだら、顔の輪郭から目の位置鼻の位置、あんなところやこんなところまで、「好みに合わせて」イジれます。

pso2.png メガネっ娘、猫耳、低身長、ぽっちゃり、多種多様な趣味にあわせてクリエイトできます。

最近のゲームだと割と当たり前な機能ですが、忘れちゃあいけません。無料ですコレ。基本無料。

キャラを作ったら「クラス」といって、他ゲーでいうところの「ジョブ」「職業」みたいなのを選べるんですが、PSO2ではゲームロビーでいくらでもこの「クラス」を変更できます。
最初に選べるのは戦士みたいな感じの「ハンター」、魔法使いな感じの「フォース」、銃使いの「ガンナー」で、それぞれのクラスを30レベル以上にして特定のクエスト(PSO2ではクライアントオーダーと言います)をクリアすれば、新クラスが開放されます。
それぞれ、ハンター30Lvで手数の多い「ファイター」、フォース30Lvで杖で殴るのが中心の「テクター」、レンジャー30Lvで射程は短いながら連射しまくれる「ガンナー」が開放されます。
新クラスなので、ガンナーを開放してもレンジャーが消えるわけではなく、普通に使うことができます。今回とった動画ではガンナーを使ってます。

クラス関係でもう一つ、ある程度レベルを上げると「サブクラス」を使えるようになります。
これはメインとして設定したクラスに加え、もう一つサブクラスを設定し、パラメータの一部と全スキルが使えるようになる、というシステムです。

クラスによって使える武器は違い、武器によって必殺技というかスキルのような「フォトンアーツ(PA)」が用意されています。
これはMPならぬPP(フォトンポイント)を使用して使う技で、だいたい一つの武器につき8個ほど存在します。
サブクラスに設定したクラスのフォトンアーツも扱うことができるのですが、クラスにより使える武器と使えない武器があるので、別クラスのPAを使うのならば全クラス装備可能な武器を使う必要があります。
このへん、奥が深いです。

ゲームは、ロビーで「クエスト」を受注してマップに繰り出し、各クエストの目標を達成して任務完了、ロビーに戻ってくるというのが基本の流れです。モンハンみたいな感じですかね、やったことないけど。
そしてPSO2特有のシステムとして、マップがランダム生成されるというものがあります。
細かく分割されたマップの地形情報をランダムに組み合わせるというもので、クエストでマップに訪れるたびに地形がガラリと変わります。
次のエリアへの入り口ももちろんランダムなので、毎回新鮮です。めんどくさいとも言う。

このシステムがなかなかクセモノで、レアアイテムを狙ったり、単純に経験値を稼いだりするために狩りまくるには、何らかのクエストを受けてその目標を達成せず狩りまくることになります。
雑魚狙いの場合、効率を重視するならばマップを厳選する必要がありますが、よっぽどの廃プレイヤーでも無い限りやりません。問題はボス狙いのとき。

ボスはたいてい最深部に位置しており、クエスト目標となっているので一度倒すとクエストを再受注してやりなおしての繰り返しです。
しかも、ボスエネミーの撃破が目標のクエストの失敗条件が「最深部での敗北」なので、ボスに殺されたら最初からです。
最深部のマップは最初に降り立つマップから数えて3つ目で、一つ一つのマップがランダム生成なので、再受注するたび次のエリアの入口を求めエリア内をさまようことになります。広さもランダムですが、だいたいボス部屋まで5~10分といったところでしょうか。運が悪ければもっとかかります。しんどいです。


課金システムもあるんですが、某MMORPGほど課金の必要性はありません。
課金の対象として多いのはプレミアムチケット、スクラッチ、マイショップ利用権等でしょうか。
スクラッチはガシャポンみたいなもんで、コスチュームやらアクセサリーやら、見た目を良くする系のアイテムがアタリます。
マイショップは某MMORPGでいう「露天」で、アイテムを出品してプレイヤー相手に売却することができます。購入する側は未課金でもできるので、出店する権利のみを得られます。
プレミアムチケットはマイショップの出店や倉庫の拡張、プレイヤー同士のアイテムトレード利用権等イロイロ詰まってて、30日間・60日間・90日間の3種を選べるようです。
課金システムを使って得られるものに武器や防具は含まれておらず、アイテム強化なども成功率を上げるアイテムはありますが、「課金しないと強化できません!」というものはないです。
このへんはPSO2開発チームの方針らしく、公式HPにも記載されています。さて、いつまでその方針を貫けるのか・・・。

このゲームの開発はSEGAで、安心と信頼の国産ゲームです。
前述しましたが、グラフィックが本当に綺麗で、この課金システムで本当にお金足りるの?と思ってしまうほどです。

pso1.png 

低スペックPCでもできるように画質設定はかなり幅が設けてあり、今回撮った動画が最高画質で、最低画質だとPS2並まで落とせます。

pso3.png 

最低画質を試してみたんですが、GoogleChrome・AviUtl(動画エンコードしっぱなし)・Skype等々を起動したままでもヌルンヌルン動きました。
低スペックPCでもある程度は問題なく動くと思うし、無料なので、超オススメです。やってみ。

ソロでもガリガリ遊べますよ。知らない人ともパーティー組めるけど、組まなくても全然イケます。
ただ、パーティー組んでたら死んだ時復活させてもらえるんですよね~。みんなでやるとちょっと気楽だったりします。
え?俺?

ぼっち。
スポンサーサイト
22:39  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑
2012.12/24(Mon)

仲間が増えました

 ばーちゃんの家からまた楽器を拾って来ました。今回はアコギです。

fg.jpg

1970年代後半に作られたYAMAHAのFGです。オレンジラベル。
ムチャクチャ弦高が高いし弦はボロボロだしで弾きにくいったらありゃしません。とりあえず手元にあったエレキ用の弦を張って様子見中です。
音は割りと良いです。ちょっと低音がボコボコ言ってるような気がしますが、伸びやかな音がします。
でも部屋で弾くぶんには音がでかいですね、アコギ。自分で弾いててうるせえ。
そのうちなんか1曲録音してブログに載せようかと思います。

そして、エフェクター系も増えました。クリスマスなので親に買ってもらったんですけども。( ´ー`)y-~~
ベリンガーのフランジャーとオートワウ、電源の分配ケーブルとパッチケーブルです。

エフェクター 

なんと奥さん、このワウとフランジャー、1コ999円ですよ!奥さん!999円なんですよ!
BOSS等のメーカーならば、1万円程度する空間系エフェクター。しかし、ベリンガーといううメーカーはちがいます。
定価が5000円を優に切っているのです。2000円程度のものもあります。

で、なんで999円だったかというと、楽器店がセールやってたからです。売れないんですかね。(゜_゜)
もとはフランジャーかディレイを1コ買おっかな程度の予定だったんですが・・・よもや999円で売っていようとは。
ディレイは売れてしまっていたので、フランジャーに加えてオートワウを購入、加えてエフェクターが増えちゃうので電源の分配ケーブルと、エフェクター同士をつなぐパッチケーブルを購入しました。

flanger_20121224161159.jpg  

スーパーフランジャー。
なんかすっごいかかります。グワングワン言う。振れ幅もレートも、最低周波数も変更でき、さらにトレモロ・・・というかスライサーも使えます。ただし音量調節は無し。
ディストーションからコイツにつなぐと音量一気に上がるので、コイツを先に繋いで、あとから歪みをかけるようにしました。
スゲエっすよこれ。振れ幅がほんとに自由自在で、キュワンキュワンみたいな音から地を這いずるようなうねりまで出せます。

wah.jpg
 

オートワウ。
面白いですコレ。ピッキングの強さによってワウのかかり方が変わるんですが、強く弾いた時に低くなるのか高くなるのか選ぶことができ、他のツマミで高音を強調したりワウのかかるタイミングを微妙にずらしたりできます。
HUMAN VOICEもついてますが、コレはあんまり使えないかな。('A`)ヴァー
指定したテンポでワウをかけることもできます。超多機能。でも999円。ゴイスー。

Ibanez.jpg

Ibanezの分配ケーブル。普通です。特に問題なし。
エフェクターは電池でも動くんですが、9Vなので微妙に値が張るし、弾いてる途中で電池切れたら最悪なので電源を取れるようにしました。

というわけで、このメンツに前買ったComboDriveを付け足して、こんな感じに配置してます。

efecter.jpg

カラフル。(*´∀`)
マルチも繋げられるし、かなり音作りに幅が出ますね~。
ただ、こうなってくるとエフェクターケースが必要になってきますね・・・。持ち運びしにくいし、バラバラしてるので正直ジャマです。

さて、エフェクターの方は動画をとってみました。iPhoneで。



クリーン→Combo(歪み)→Flanger→スライサー→Wah(クリーン)→Wah(歪み)です。服装はお気になさらず。部屋着です。(*´σー`)エヘヘ
いやしかし、意外と音質いいですね、iPhone。実際の音と遜色ありません。特にクリーンのワウ、よく拾ってくれてます。面白い音ですねえ。

いい買い物しましたよ。エフェクター2つで2000円切るとかサイコー。
ロックやるならとりあえずこれだけあれば十分ですしね。ディレイが欲しいところですが、マルチに頼るとしましょう。
最近、マルチエフェクターは知人に貸すことが多いのであんまり手元に置いてないんですけどねえ。

さて、次の記事は、ゲームの記事にしようかなと思います。お楽しみに。(ΦωΦ)フフフ…
16:08  |  音楽  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。