06月≪ 2013年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.07/24(Wed)

the FACT

こんなものを買いました。


IMG_2876.jpg


アーマードコアⅤの公式設定資料集です。
随分と前に出版していたようなのですが、恥ずかしながらそのことを知らず、手にとった次第です。

ちなみにコレ、結構デカイです。

IMG_2899.jpg 

A4サイズですね。その分、デザイン画などがとても綺麗です。

IMG_2874.jpg 

何をどうしたらそんなに発想できるのかってぐらい細かく書かれてます。スゴイです。

IMG_2879.jpg 

ゲーム中では「未確認兵器」と呼称されていた謎の兵器も、「自律兵器」として詳しい設定が乗っていました。
どうやら自律兵器を作る自律兵器もいるらしく、そのへん、続編のVDで出てくれたらオモシロイんですけどねー。

各キャラクターの設定も、本編では語られなかった生い立ちなどを含めてイロイロ載ってます。

IMG_2884.jpg 


ストーリー本編の全セリフも収録。挿絵を交えながら一言も漏らさず書かれてます。

IMG_2881.jpg 

字がちっちゃく見えるかもしれませんが、A4サイズなので割りと普通です。それでもちょっとちっちゃい部類ですけど。


IMG_2882.jpg  

武器のデザイン画。ビッシリパーツが描かれてます。


あと、さりげな~く載っててたまげたのが、ACのコックピット。

IMG_2873_20130724134141.jpg  

頭がパカっと上に開いて、その中に乗り込むようです。なのでコックピットの壁がもうそのまま装甲。これ相当怖いですよね…。
コックピット内はモニターが全面にズラッと並び、ガムテープまみれの座席の中央に通信システム、その上にゲーム中でも特徴的だったサークル状のメーターを表示するヘッドアップディスプレイ(HUD)、足元にはフットペダル、両手の壁には操縦桿があって結構狭そう。
モニターは上側がメインモニターで、下側が後方や足元を映し出すサブモニターがあるようです。

ゲームの中でプレイヤーが見ているのはメインモニターとそれに重なったHUDのみなんですが、ACVの画面って3人称視点なんですよね。

amarec20120822-200033.jpg 

これはゲーム中のモニターもこのように表示されている設定らしく、ACの全身に取り付けられたカメラの映像を合成して、擬似的に3人称視点にすることで機体の周囲の状況もつかみやすくしているんだとか。
今作のACは古代兵器の発掘品で、コックピットから武器に至るまでオーバーテクノロジーがふんだんに使用されているので、こういった設定も説得力があります。

トンデモ技術だなあと思いましたが、現実にもマルチアングルビジョンという似たような技術(こっちはたった4つのカメラで実現)があるので、あり得ないとは言い切れませんねえ。


こういう設定資料集って買ったことなかったんですが、予想以上に面白いです。
何気なく使い捨ててた武器も、練りに練ったデザインが使われてるのを見ると愛着が湧いちゃったりします。
お値段2800円と、それなりの値段はしますが、なにかひとつ自分の好きなゲームの設定資料集買ってみると楽しいかもしれませんよ。
スポンサーサイト
14:02  |   |  EDIT  |  Top↑
2013.07/08(Mon)

キーボード

 先日、とある事件がありました。

梅雨独特の、湿った風が吹きこむ真夜中、翌日に控えた「用事」の為、ごそごそと準備をしておりました。
と言っても大仰なものではなく、パソコンからキーボードを抜き取り、鞄に入れ込むというもの。
ただ鞄のサイズがキーボードと寸分違わず合致しており、入れるのに数分を要し、終えた頃には疲れで眠くなっているほど。
それでもなんとか入ってくれたので、安心してその日は眠りにつきました。
そう、その日は。

翌日の「用事」とは、パソコン検定です。
ワープロや文書デザインなど、多様な種類がある検定で、今回俺が受けたのは「英字タイピング」と、「プレゼンテーション作成1級」です。
この2つで1級を取れば、今までとった検定と合わせて5種目1級となり、表彰されるというオイシイトコロです。
プレゼンテーションは余裕なのですが、問題は英字タイピングです。
慣れない英語を、改行の位置を間違えずに打ち続けるという検定で、10分間に問題用紙の文章を何文字打てたかで取れる級が変化します。
1級を取得するためには10分間で2000文字を打たなければならないのですが、学校のノートパソコンで行うということもあってなかなか難しい。
日本語ならばローマ字入力でも1400程度は固いですが、英語となるとせいぜい1600~1700くらいしかいかないのです。

そこで秘密兵器を持ち出すことにしました。
そう、愛用のキーボードです。
自分が使い慣れたキーボードならば、己の手足同然。これはもう無敵です。
そうして意気揚々とキーボードを学校に持っていったのでした。

ですが、その目論見は瞬く間に打ち砕かれました。
学校で自分のキーボードを使う事自体には全く問題はなかったのです。
ただ、その「自分のキーボード」に問題がありました。
愛用していたキーボードの接続端子が、学校のノートパソコンと対応していなかったのです。

どういうことかと申しますと、USB接続が一般的になる前まで、キーボードやマウスの接続端子には「PS/2端子」と呼ばれる、丸くて中に数本のピンが立っている独特の形状のものが使われていました。
USBが普及してからは汎用性の無さから影が薄くなり、現在ではマザーボードにも搭載されないこともあるほどまでの扱いになってしまっています。
そう、俺が意気揚々と持ち込んだキーボードはPS/2端子で、そして学校のノートパソコンには当然ながらそんな端子には対応していなかったのです。

結果、タイピングはやはりせいぜい1700文字程度。誤字脱字を勘定に入れれば1600文字程度でしょう。
たしかに自分の練習不足もあるかもしれません。
それでも、「もし自分のキーボードだったなら」という思いも捨てきれないのです。
そして俺はリベンジを誓いました。

今度こそ、自分のキーボードで検定に打ち勝つと。



というわけで。

買って来ました。

IMG_2848.jpg 

安心と信頼のバッファロー製、USB有線接続のキーボードです。
特に目立った機能はありませんが、キーの大きさが少し大きめでそれぞれ高さがあり、ストロークが長めでタッチは軽いです。
ストロークが短いキーボードが好きな人も多いとは思いますが、個人的にはある程度の長さがあったほうが打ちやすいです。
そして何より、めっちゃ安かったんですよコレ。500円です。500円。

IMG_2849.jpg 

2000円くらいするかな~とか思ってましたが、手頃な価格のものがあったのでサクッと購入してしまいました。
Bluetooth等の無線接続式もありましたが、無線にする必要性が感じられなかったので有線です。

IMG_2850.jpg 

本当にシンプルなキーボードですが、そこに惚れ込みました。機能美ってやつですよ。カックイーなーもー。
ちなみに前使ってたキーボードがこちら。

IMG_2851.jpg 

これもこれでシャレオツなので、気に入ってたんですが・・・。もう使うことはないかな。

いまこの記事は新しいキーボードで打っていますが、結構打ちやすいですねえ。
キータッチが軽くてちょっとふわふわした感じが気になりますが、まあ、慣れるでしょう。
あと前のキーボードより一回り小さいので机が広く感じます。
どうせ、汚れていくんですけどね……。


あ、前のキーボード、どうしよう。
22:35  |  雑記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。