05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.01/30(Sun)

素敵だ やはり人間は素晴らしい

6-8.jpg

駅の古本屋に入荷されていたので衝動買いしてしまいました。ヘルシング6・7・8巻です。

「少佐」率いる一千人の吸血鬼の戦闘団がロンドンに攻め込むところから、アーカード(ドラキュラ伯爵)VSアンデルセン(神父様)のところまで。

一千人の吸血鬼が来たかと思うと、バチカンから第九次十字軍が発令され三千人近いクリスチャンがなだれ込み、対するロンドンの吸血鬼殲滅機関、ヘルシングは残存兵力三名というアホな状況。

機関長のインテグラとそのしもべ吸血鬼アーカード、と更にそのしもべセラス、の3名です。

ところがどっこいアーカードが今まで喰ってきた亡者をぞるッと解放して、なんだかバイオハザードみたいなことになって形勢大逆転・・・という話です。


7巻はヘルシング機関が雇った傭兵部隊とセラスが本部を守る、という話なんですが、ここがヘルシングには珍しい王道展開でした。

本部に吸血鬼が攻め込み、壊滅寸前!というところでセラスが大暴れするんですが、部隊長(ぞーりん)にフルボッコにされ、左腕は落とされるわ目はつぶされるわの大惨事。

そこに傭兵隊長・ベルナドット隊長がカッコよく割り込んでセラスを助けたと思いきやぞーりんが復活して隊長をフルボッコするんですな。

死にかけるベルナドット隊長がセラスに「俺を食えよう」と言い残し、ぞーりんたんが隊長をバカにしたのも相まってセラスが隊長に血を飲む。

飲んでみたらあら大変、”吸血鬼”セラス・ヴィクトリアが今度こそ大暴れ。

吸血鬼

吸血鬼1個小隊を瞬殺、ぞーりんも「もみじおろし」にされさようなら。

そんなこんなでかなり恐ろしい存在になってしまったヒロインのセラスですが、なぜか可愛らしいカットが多くて・・・理不尽!

セラス


ちなみに7巻のカバー裏はこんな感じになってます。

ハガレング

バチカンカンフージェネレーションに、大英帝国を等価交換してドイツ帝国を錬成しに来たヤツがいたり、カオス。てかこんなことしていいのかよ!( ゚д゚ )



あとヘルシングは名台詞がかなり多いです。今回買った6~8巻も尚更。

そのなかで印象的だったのはアンデルセン戦のアーカードの旦那のセリフですね。

素敵だ

亡者の群れのなか、絶望的な状況のアンデルセンがなおもあきらめずに人間として突き進むさまを見ての一言。

そしてそのあと、アンデルセンがイエス・キリストの磔に使ったと噂の「聖釘」でバケモノになろうとした際に投げかけたセリフ。

人間に倒されなければ

「化け物」であるアーカードが「人間」であるアンデルセンに投げかけた言葉。アーカードの表情もあって・・・なんともいえません。



9巻・10巻も買わねば!

【More・・・】

ばんおくん>>このブログ自体、もう4カ月近くコメントなかったんだぜ・・・!チクショウ!
         楽器はいいよー音楽はいいよー
スポンサーサイト
13:48  |   |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。