07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.04/11(Mon)

恋文の技術

最近文庫化されたばかりの森見登美彦さんの本、「恋文の技術」を読みました。

恋文の技術


送った手紙の内容オンリーで話が進んでいく、いわゆる書簡体小説というヤツです。

が、主人公の守田一郎が送った手紙“のみ”で構成されており、なかなか世界が狭くなってます。

ナレーションのようなものも一切無く、守田が送った日付と守田が送った相手、守田が送った手紙の内容だけ。

それなのに守田が何処にいて、何をしていて、大学でどんなことがあって、周りの評価はどうなのか、人間関係はどうなのかがキレイに分かりやすく書かれているのはほんとうに素晴らしいです。


では、あらすじ。

主人公の守田は京都の大学院から遠く離れた実験所に「クラゲの研究」として飛ばされ、文通の腕を鍛えるべく大学の友人と文通を始めます。

大学で仲の良いマシマロのような友人と、よくいじめられる女の先輩と、
家庭教師をしていた男の子と、偏屈作家森見登美彦と、
心やさしき妹と手広く文通をするものの、
その実は恋文の技術を身につけるためでした。

贈りたい相手はやはり大学の先輩で、とっくに就職もしているものの女性、伊吹夏子さん。

彼女の話が出るたび手紙の中で必死に否定するものの、イジワルな先輩に「伊吹さんにはカッコイイ彼氏がいる」と嘯かれて嘘か本当か必死に尋ねるように、気になっているよう。

腹を割って森見先生から恋文の技術を聞き出そうとするものの、要領を得ない回答ばかり。

果たして恋文の技術を身につけ、伊吹さんに送れる日は来るのか!


という話。

何よりも、著作者本人が文通相手で出てきたときは仰天しました。アンタなにやってるんだ、と。そしてそれを主人公が代弁してくれるのでした。

小説の中の森見さんは〆切りに追われながらも創作のアイデアが出ず、ファンレターの返事ばかりを書いているナマケモノ・・・・・・本当にそうなんでしょう。きっと。

主人公の目を通してというか、主人公の手紙の中にチラリと登場人物のセリフが出てくる程度なのに大体キャラクターの個性が分かったりする、不思議な作品でした。


新品だと620円で若干高いですが、それだけ払っても満足できるイイ本でした。

一読の価値ありでっせ。ぜひ。
スポンサーサイト
19:14  |   |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。