07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.10/24(Wed)

ユニコーン

こんなゲームやってます。

gandamuuc.jpg

EXVSやってる内にガンダムにはまってしまいました。あの作品には男をひきつけるナニカがあります。
このゲームはOVAアニメの「機動戦士ガンダムUC」をゲーム化したもので、EXVSやり始めた頃から存在は知ってたんですが、「どーせキャラゲーだろ」と思い敬遠してました。
EXVSもある程度やりきったなーとか思って、ふとYouTubeでこのゲームの動画を見たら、もうまさにズキュウウウン。
調べてみればアーマードコアシリーズを作っているフロム・ソフトウェアが開発しており、システムは良さ気だなーと考え、アマゾンで特装版を購入しました。
頼んでビックリ、特装版なのに3000円切っちゃって、しかも初回版が来ちゃいました。

特装版

売れてないのね・・・。失敗だったかしら・・・。とかオカマっぽく考えちゃいましたが、特装版ということでアニメのダイジェストBD、限定小説がついてるんでまずはBDから見ることに。

ブルゥレイ

なんとなーく話の流れがわかるなーくらいのダイジェストでしたが、戦闘シーンはめちゃくちゃかっこよかったです。さすがOVA。
それにくわえて、劇場上映したときのオーケストラ演奏の映像やらプロモーション映像やらがついてて、これだけでも3000円分くらい価値ありそうだなーと思わせるような内容でした。
だってアニメのBDって1本5000円以上するじゃないですか。ふざけてるじゃないですか。金かかってるのはわかるけど。

小説はさすがにページ数少なかったですが、ガンダムの小説って読んだことなかったのでとても新鮮でした。

小説

地球連邦政府が、平和になっちゃったら軍備要らなくなってお金が回らなくなっちゃうーってことで、敵対勢力である、宇宙移民者達の集まりのネオジオンの残党と裏で取引。
その内容は、人型兵器であるモビルスーツ(MS)を作っているアナハイム社の実験機「シナンジュ・スタイン」を、連邦軍が輸送してる最中にネオジオンが強奪・・・と見せかけて譲渡するというものでした。
それを知った連邦の諜報部員が取引を失敗させようと・・・という話。

諜報部員の介入によって戦場は混乱したものの、結局ネオジオンの残党「袖付き」の首魁フル・フロンタルによってシナンジュ・スタインは強奪されてしまいます。
その後改造を施し真っ赤に染めた「シナンジュ」を駆るフル・フロンタルは赤い彗星のシャアの再来と呼ばれることになります。
アニメはこのフル・フロンタルがラスボスのようなものです。めっちゃ強いです。

アニメのあらすじはこんな感じ。


第二次ネオ・ジオン抗争、別名「シャアの反乱」の終結によって、地球圏には束の間の平穏が訪れた。

それから3年後、宇宙世紀0096年。工業コロニー「インダストリアル7」において、とある謀議が交わされようとしていた。政財界に絶大な影響力を持ち、地球連邦政府を影から操るビスト財団が、「袖付き」と通称されるネオ・ジオン残党軍に「それが開かれる時には連邦政府が滅びる」と言われる「ラプラスの箱」を譲渡するという。

一方、コロニー内に設置されたアナハイム工専に通う少年バナージ・リンクスは、オードリー・バーンと名乗る謎めいた少女と出会う。新たな戦争の火種となり得る箱の取引を阻止するべく、たった1人で行動を起こした彼女を手助けするうちに、日常に“ずれ”ているような違和感を抱いていたバナージは、次第にオードリーに惹かれていく。

だが、取引を察知した連邦政府とアナハイム・エレクトロニクス社地球連邦軍を軍事介入させ、コロニーは火の海と化してしまう。友人達と必死の思いで避難しながらも、オードリーの姿を捜し求めるバナージの前に、ビスト財団当主カーディアス・ビストが現れる。バナージは、瀕死のカーディアスから出生の秘密を知らされると同時に、箱の鍵となる、まるで神獣"ユニコーン"のごとく頭部に1本の角をもつ、白亜のモビルスーツ (MS) を託される。

バナージは必死の思いでMSを起動させるが、「袖付き」と連邦の戦闘に巻き込まれる。目の前に出現した「袖付き」のMSを前に、死の恐怖を感じるバナージ。その時、ユニコーンに変化が起きる。一角が2つの角に分かれ、新たな顔が現れた。

果たして、箱の鍵たる「ユニコーンガンダム」とは何なのか。そして「ラプラスの箱」に眠る宇宙世紀の始まりの秘密とは…。

wikipediaより


わかりにくいですよね。アニメ見ないとわからないです。

ガンダムシリーズって、全部世界観が同じってわけじゃなくて、それぞれ違う世界のお話になってます。
それでも、同じ世界観で何作か続けて作られているものがあり、その代表が「宇宙世紀(UniversalCentury)」シリーズです。
記念すべき第一作である初代「機動戦士ガンダム」が宇宙世紀0079年の話で、その次にZガンダム、ZZガンダム、逆襲のシャア・・・などの続編があり、このガンダムUCもその続編です。
有名なアムロやシャアはこの宇宙世紀のキャラクターで、U.C.0096年ではその搭乗機とともに伝説になっています。

中でも今作ではシャアの名前がよく出てきています。先程の小説の説明でも言ったフル・フロンタルのせいです。仮面かぶってて機体が真っ赤で3倍なのでシャアです。
いやちゃんとシャアの再来って言われてる理由はありますよ。声がクリソツで、操縦技術も圧倒的。慣れない機体なのに一人で戦艦を2隻沈めてますから。
ちなみにフル・フロンタルは「全裸」って意味です。何も隠してないよってことらしいんですが、一番謎めいたキャラクターです。多分名前的に変態。

で、もう一つキーワードとして「ガンダム」がありますよね。
宇宙世紀ではアムロが乗った最初のガンダムがもうすっごかったので、その量産型であるジムやらなんやらが作られました。
そしてそのガンダムの特徴であるV字のブレードアンテナ、ツインアイ、アゴなどの顔の特徴を引き継いだ高性能機が「ガンダムタイプ」と呼ばれています。
今作の主人公が乗ることになっちゃったRX-0ユニコーンは、一見真っ白でツノが生えたキモイ機体です。

rx-0.jpg

しかし、周囲にニュータイプ(ちょっと違うけどエスパーみたいな人)の存在を感知すると、NT-D(NewType-Destroyer)が発動、変身します。



全身の装甲がパカっと割れてサイコフレームが露出し、頭のフェイスガードが収納され、ツノも割れてガンダム顔になります。身長も2メートル伸びます。
このことから劇中では「角割れ」なんて呼ばれたりしてます。

NT-D発動後は考えるだけで操縦できるようになり、バーニアが増えるのでものすっごい速く動けるようになります。フル・フロンタルさんも見失うぐらい。

NTD.png

サイコフレームについてはググってください。もう書くのしんどいです。

武器はビームマグナムって言って、普通の中で言うところのマガジン(弾倉)を一発で全部消費する代わりに、普通のビームライフルの4倍の威力を持つというトンデモ銃です。

ビームマグナム

劇中でも、かすめただけでモビルスールが撃墜される描写がありました。パネエです。

さて、あらすじ紹介はこれくらいにして、ゲームの内容を。

ゲーム

ゲームモードとして、アニメのストーリーをプレイするユニコーンモードと、自由に部隊を編成して様々なシナリオに挑戦するカスタムキャストモードがあります。
が、本作の最大の欠点があります。ボリュームです。
ユニコーンモードはDLCを購入しない場合、戦闘としてプレイできるのは15コ+チュートリアルだけ。
それも、こんなふうに同じ戦闘をキャラクターの目線を変えて別ミッションとしてるので、体感上はもっと少ないです。

yuniko-n.jpg

青いマークが戦闘で、黄色いのは紙芝居ムービーです。
アニメ本編を紙芝居にして、それぞれのキャラクターが考えてたことを喋るパートで、アニメを見てたらそれなりに楽しめますが・・・、正直見るのめんどくさいです。
1つの戦闘パートも、長くても10分とかそこらですね。
短いんですよねーミッション。まあ、アニメが元だし、まだ3巻までしか出てなかったから、仕方ないんですけど。
ちなみに、条件は忘れたんですがユニコーンモードでも出撃させる機体と武器は搬入(後述)したものから自由に選ぶことができます。
たぶん条件はユニコーンモード1週クリアーだったような・・・。

ボリュームは少ないですが、ゲームとしてはかなり面白いことになってます。
アニメの中でよく出てくる、「機体をビームサーベルで叩き切ったら真っ二つになって断面が赤く溶けてる」「直撃して大爆発する」「ビームサーベル同士がぶつかってバチバチ」をそれぞれ「溶断」「直撃」「鍔迫り合い」として再現しています。

溶断はビームサーベルを使った格闘でとどめを刺すと発生します。
さらに、格闘ボタン長押しの強攻撃や、切り抜けコンボでとどめを刺すと撃破した機体が真っ二つのままその場にしばらく漂い、その機体からわずかながら弾薬や燃料を補給することができます。
コレは強攻撃の溶断の例。
溶断

しかも、横に切れば横に、斜めに切れば斜めに、縦に切れば縦に、キチンと武器の軌道に合わせて溶断されます。小さいですが、雰囲気という点ではかなり大事な点でしょう。
ユニコーンとか名のある機体が溶断されるとなんかグロく感じちゃいますけど。

真っ二つ

「直撃」は、敵を捕捉し続けてロックオンした後にライフルなどの射撃武器で攻撃すると大ダメージを与えられる、というシステムです。
さらに、直撃でとどめを刺すと敵が大爆発を起こします。

直撃

青いロックカーソルは機体とパイロットのロック性能によって動く速さが変化して、性能が高ければ高いほどロックオンしやすくなります。
ですが、敵や自分が激しく動くとロックカーソルが全く追いつけず、イチからロックし直しになるので、あんまり直撃のチャンスはないです。敵がエースパイロットだと特に。

そしてもうひとつ、鍔迫り合い。
これはわかりやすいですね。近接武器同士がぶつかってバチバチ言うやつです。敵と自分が同時に近接攻撃してぶつかると発生します。

鍔迫り合い

近接攻撃ボタンを連打して、連打が足りれば打ち勝って敵をダウンさせられます。あと一歩なら相打ちでお互いが弾き飛ばされ、足りなかったらこっちがダウンしてしまいます。
攻略サイトを見ると毎秒5回で勝てるそうなんですが、だいたい相打ちですねー。

一応ユニコーンモードの動画を撮ってみました。



フル・フロンタルさん(以下全裸)のミッションです。
状況を説明しますと、
主人公のバナージ君が住んでたコロニーが戦場になって、なんか成り行きでユニコーンガンダム見つけて操縦することになって、大暴れしたあと地球連邦軍のロンド・ベル所属の「ネェル・アーガマ」って船に回収されて、これまた成り行きでコロニーが戦場になる前にちょっと一緒にお散歩してた女の子が、実は地球連邦政府の敵の旧ジオン公国のお姫様で一緒にネェル・アーガマに保護されてたんだけど、みんな姫様だって知らなくて、なんか気づいたら赤い彗星がネェル・アーガマに迫ってて、モビルスーツは落とされるわ艦は無力化されるわってわたわたしてるときにとうとうお姫様ってことがバレて人質にされちゃうんだけど、さすがシャアの再来全然意に介さず、そんなん信じれるかい拾ったガンダムとデータくれたら見逃してあげるよとか言っちゃって、3分間待ってやるとかどっかで聞いたセリフ言うんだけど、主人公のバナージ君が艦のクルーたちに「子供を人質にするなんて大人のやることですか」ってカッコイイこと言ってガンダムで出撃しちゃう
ってところです。
全裸さんのこの一個前のミッションでは、通常の高速機の3倍の速度で艦に接近するところから始まり、迫るネエル・アーガマのモビルスーツをちぎっては投げ、艦の武装のみを丁寧に全部壊すというミッションです。
艦を沈めるとガンダムと姫さまも一緒に沈むので失敗。初見殺し。


さて、ユニコーンモードは全然遊べないので、自然とカスタムキャストモードが主になってきます。
最大で戦艦1隻と、モビルスーツ6機を載せて出撃することができます。更にモビルスーツの武器やパイロットは自由に変更可能です。
と言っても同時に出撃できるのはモビルスーツ3機までと戦艦のみです。
このモードは小分けにされたミッションを幾つかクリアして、各ミッションの戦績によってルートが分岐していくという内容になっており、各ミッションをはじめる際に出撃させるモビルスーツを選べるようになっています。

CCMode.jpg

シナリオが1~6まであって、ルートの分岐が最終的に2~4コになるように作られています。ルートはSランク、Aランク…という風になっており、上位のルートをクリアすればたくさんお金がもらえて、モビルスーツやキャラクターなどがもらえたりもします。

分岐条件はミッションによって様々です。だいたい複数の条件が課せられていて、モビルスーツ6機健在+αといった感じ。
+αは、護衛ミッションなら護衛対象のHPが一定以上とか、撃墜するだけのミッションなら時間内に○機以上撃破とか、ですね。

モビルスーツや戦艦、武器、キャラクターは、まず条件をクリアして出現させなければ使えません。ユニコーンモード・カスタムキャストモードのミッションのクリア報酬や、NTレベルといって武器やモビルスーツの強化、ミッションのクリアー、トロフィーの入手などによって上昇するポイントが一定以上になったりすることによって入手できます。
そして入手しただけでなく、UCポイント(お金)を払って搬入しなければ出撃させることはできません。
さらにさらに、出撃する際の編成ではコストというものがあり、強い機体・強いキャラ・強い武器になればなるほどこのコストが高くなっています。コスト上限を上回ると出撃不可になります。

このコスト上限、カスタムキャストモードのシナリオをクリアすることによって上昇するので、必然的に初心者時代には強い機体はたくさん連れていけません。
モビルスーツの予備機も、最大で3機まで持って行けますが、戦艦を買わねばならず、その戦艦によって持っていける機数が1機~3機と違っています。
もちろんたくさん載せられる戦艦はコストも値段も高いので、やっぱり最初はたくさんモビルスーツを持って行く事はできません。
そして「モビルスーツ5機健在」などの分岐条件があった場合、良い戦艦持ってないと4機までしか持っていけないし、そもそもコスト上限が低いとそんなに機体を持っていけないので高ランクにはいけなくなっています。
たいていは予備3機は最低コストの機体で揃えるんですけどね。
難易度を低くしとけば味方機が撃墜されることはまず無いので、だいたいガチ機体3機+ゴミ機体3機で出撃です。

なんだか複雑そうですが、実際は開始当初はお金がなくてMS3機揃えるのもやっとで、だんだんと武器やらキャラが充実していくようになるのでコストオーバーで困ることは少なかったです。
全シナリオをクリアすれば、コスト上限超えることはまず無いぐらいにまで上がってくれます。

モビルスーツはかなり沢山あって、さらにDLCもあるので結構な種類があります。「え?こんな機体あったっけ?」みたいなマイナー機体もあっておもしろいです。
量産機は6機まで搬入できますが、試作機やエース機など、特別な機体は1機のみです。ユニコーンとかシナンジュとか。そこはきっちりしてます。まあ、ユニコーンで出撃したら敵もユニコーンに乗って来たとかはありますが。

カスタムキャストモードも撮ってみました。





最終シナリオのシナリオ6をフルで。前後編になっちゃいました。
シナリオ6は敵を倒すのみで、クリア報酬のUCポイントが6万とめちゃくちゃ稼げるので、だいたいこのシナリオばっかやってます。

また全裸さんですが、この人めちゃくちゃステータス高いんで使いやすいんですよ。
乗ってる金ピカの機体は「デルタガンダム」と言って、ホントは存在しないデータだけの機体です。どのアニメにも出てません。初回版の特典機体です。
「機動戦士Ζガンダム」で、シャアが連邦に潜入した際に「クワトロ・バジーナ」として乗っていた「百式」という機体の完成形です。
百式は元々人型のモビルスーツ形態から飛行機型のウェーブライダー形態へと変形できる可変機・デルタガンダムとして作られていたんですが、強度の問題から一時開発を停止したものの、最終的に運動性能を重視した攻撃機として完成しました。
その後、ガンダムUCで百式、というかデルタガンダムの量産試作機「デルタプラス」が出てきます。さっきのユニコーンモードで「こんな嫌な作戦はしなくてすむんだ!」って言ってたリディ・マーセナスが、全裸さんに機体壊されちゃったので代わりに乗り込む機体です。
宇宙世紀シリーズはこういう歴史があるのが面白いですね。ネェル・アーガマも「機動戦士ΖΖガンダム」に出てきた艦ですし、リディたちが乗ってた青い機体は機動戦士Ζガンダムの主役機、Ζガンダムの量産機です。

あと、ゲームやってて思ったんですけど、音楽めちゃくちゃいいんですよ。
SEもBGMもアニメと全く同じの使ってるんで、BGMがもうすんごい。
カスタムキャストモードの編成画面で流れてる「RX-0」が一番好きです。



ゲーム内のメニュー画面等、流れる音楽は全て自分で変更でき、PS3に保存した曲でも流せます。
でもいちいち曲変えるの面倒だし、だいたいイイ曲なんでRX-0を配置した程度なんですが、便利ですねー。

で、ゲーム自体については、めっちゃおもろいです。
ボリュームの少なさがとても残念ですが、システムはほんと良くできてます。
動画の中でやってる回避行動、アレって左スティックを任意の方向にカチャって弾いてるだけなんですよ。かなり直感的に回避できます。
だいたい宇宙空間での戦闘になるので、上昇・下降もそれぞれR1・R2でできます。2連打することで急上昇・急降下も可能。
たくさんある武装も、銃は□、近接は△、L1を押しながら○×△□のどれかを押すと、それぞれに設定された武装を使うことができるようになります。
たとえば通常時に□を押したらビームライフルだけど、L1押しながら△だとミサイル、□だとグレネード・・・といったように。
さらに十字キーの上下で武器モードの切り替えができ、ビームライフルなら単発発射から長めの照射に変えられたり消費段数2倍になる代わりに威力が跳ね上がったり、ミサイルならマルチロックできるようになったりします。

武器の種類は、ビームライフル、ビームマシンガン、マシンガン、頭部バルカン、ミサイル、グレネードランチャー、ハンドグレネード、バズーカ、ビームキャノン・・・などなど、めちゃくちゃ種類があります。
武装は手持ち武器一つと機体が元々持ってる武装、という組み合わせです。
だいたいは手持ち武器+バルカン・グレネードランチャーとか、そんなもんです。カスタムキャストモードで使ってたデルタガンダムは、基本性能がめっちゃ高くて変形もできる分、機体が元々持ってる武装はバルカンのみです。

そのたくさんある武器のうちの一つで、緑のでっかいピーマンみたいなモビルスーツが使う「ファンネル」という武器があります。
これは小さな砲台をそのまま飛ばしたようなもので、パイロットがニュータイプであればこのファンネルを感じるままに動かして攻撃することができる、という武器です。
ユニコーンモードの動画で、終盤のムービーで緑のビームが縦横無尽に放たれてたのは、このファンネルを使ったからです。
もちろんプレイヤーも使うことができますが、基本的に一回射出したらフルオートで勝手に動いてピュンピュンとビームを撃ちまくります。
威力は低いんですが、かなりの数のファンネルが飛んでいって、敵を追従するように動くのでバシバシ当たってくれます。あとかっこいい。

こんな感じで機体や武器はかなりバリエーションに富んでて、カスタムキャストモードも難易度を上げればやりごたえも十分。続編出てもいいぐらいだと思います。
いやほんとに、アニメのOVAが完結したら後編版出して欲しいです。
初めて俺がプラチナトロフィー取っちゃうくらい面白いです。超オススメ。安いし。
でもまあ、ボリュームはほんとに少ないんでそこだけは注意ですねー。
スポンサーサイト
23:21  |  ゲーム  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。