05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2013.09/11(Wed)

【DmC】DMDを普通に字幕プレイ【M6】



M6です。
MATCHにサキュバスが入っていようとも、それでも俺は飲みます。

オマケのRTは、どうやらサキュバスがうまい具合にガードして弾き返して、それにうまい具合にダンテが当たると発生するようです。
他に当たり判定デカくて弾き返せそうな攻撃はせいぜいケブーリーの矢くらいなんで、そうそうない現象だとは思いますが、ネタとしてはオモシロイですね。
これで被弾した時はさすがに何が起きたか理解できなかったですけど...。


M6です。
意外と被弾しましたが、M5に比べれば楽園でした。
体験版の動画とメリハリを付けるために今回は弾き(パリー)に重点を置いてみました。

簡単そうで難しそうで簡単です。何言ってんのかわかんないと思いますがそうです。
DmCにロックオンがない、というのは散々言ってきたことですが、厳密に言うと違います。
いわば「オートロックオン」とでも言うようなシステムで、ダンテが正面に捉えている敵を自動的にロックオンし、その対象に対して攻撃をするシステムになっています(体感)。
なので、例えば「正面の敵を攻撃していたが、後ろの敵が攻撃態勢に入ったのでその敵を攻撃して敵の攻撃を潰したい」というシチュエーションになったとき、DMC3や4なら「ロックオンを外して後ろの敵をロックオンし直す」だけで実行でき、コンボを継続できました。
しかしDmCの場合、「今行っている攻撃が出し切られるまで待ってから後ろを振り向く」という方法しか取れず、これではとても後ろの敵の攻撃には間に合いません。なので結果的にコンボを中断し回避をすることになります。

このシステムがM6のサキュバス戦のパリーにも絡んできています。
基本的にサキュバスのパリーを狙う場合、サキュバスの右、もしくは左から来るなぎ払い攻撃に限られてきます。
この攻撃をパリーするには右から来るなら右側に、左から来るなら左側に、サキュバスの攻撃判定と同タイミングにダンテの攻撃判定を発生させる必要があります。

このとき、ダンテが正面を向いていて左からのなぎ払いが来た場合、「左スティック+攻撃ボタン」とすれば、過去作ならダンテが瞬時に左を向き攻撃してくれていました。
しかしDmCのダンテは先述のロックオンシステムの関係で反応が鈍く、そのまま正面を攻撃してしまうのでパリーは失敗し、なぎ払いの餌食になります。
なので左なぎ払いが来た場合、「左スティック→攻撃ボタン」と操作し、ダンテをしっかり左方向に向かせてから攻撃することで、パリーが成功します。

いろいろ細かいことを書きましたが、まとめると「攻撃が来る方向にダンテを歩かせてパリーする」というふうになります。
慣れるまではダンテがアホ丸出しで正面を攻撃しますが、慣れてしまえば動画のように遊ぶ余裕も出てきます。

ロックオンがあればもっと楽なんですけど・・・。
スポンサーサイト
17:38  |  未分類  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。