09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/02(Mon)

新訳・のびハザ実況プレイPart12



後編。黒幕の分身(手下)の存在が発覚。だいたいの見当はついてますが、外れてたら悲しいとか恥ずかしいとかの度を超えているので言えません。てか言いたくないです。

そしてDEKISUGIが敵なのか、味方なのか。まあ穴に飛び降りろって言ってたけど、あの穴に落ちたらB.O.W.がワラワラいたり、それ以前に深すぎたりしたらガメオベラ・・・。


あと、なんか結構未来からきたっぽいロボットの名前はΣ、シグマみたいです。だからなんだってんだ!









これだけだとブログとしてなんだかなと思うので、俺の録画環境等を。

使用しているソフトは


DxRec2(ゲーム録画・録音)

Audacity(実況音声録音)

RedioLine(ゲーム音と音声の合成)

Aviutl(エンコ・実況音声とゲーム画面の合成)

WindowsMuvieMeker(編集)



・・・と言った感じです。オールフリーソフトもしくはPC標準装備。

のびハザは窓化ができるのでアマレココでもいいんですが、俺のPCでは結構負荷が多いのか音ズレが尋常じゃないので、仕方なくDxRec2。画質もそれなりだし、録音もきちんとできるのでとても使いやすいです。

録画ファイルが2GBとか行くことがあったり、上のロゴが割と邪魔だったりしますが、そのへんはまあしょうがないかなあって感じですね・・・。



手順としては、まずDxRec2とAudacityで録画・録音。

終わったら、Audacityで録音した音声を音声ファイルに変換して、次はAviutlで録画したゲーム画面・音声から音声だけを抽出。

RedioLineを起動して、抽出した二つの音声ファイルを合成して再度新ファイル作成。ここが一番肝心です。

俺は録画開始・終了時にキーをを強く叩き、声でも「録画開始ィィ」とマイクに喋り、そのあとデータロードの時にもエンターをバチンと叩き、その音とのびハザのロード時の「バイオハザードォ」の声を目安に、音を合わせています。

ここがズレると動画がちぐはぐになってしまうので、実際にAviutlで合成した音声を読み込ませ、そこで確認してからまた微調整しています。ここさえ乗り切ればだいたい楽です。

RediLineでも録音はできるんですが、たま~に音が一瞬超高速録音されていて、こんにちわがこチわみたいになるので安全策を取りAudacityを使用。


合成した音声ファイルを再度Aviutlに読み込ませ、再生ウィンドウで音ズレが無いか確認した後、エンコードします。

エンコードと言うのは録画ファイルの画質等を下げてファイルサイズを小さくすることです。

ただ、俺の場合はこの後にWMMも使うので、この工程は音声と動画の合成くらいの意味合いしかないかもしれないです・・・。

なのであまり圧縮はしていません。画質があんまりにも落ちるのも嫌ですしねー。


で、エンコードが終わったら(動画にもよるけどのびハザなら30分前後くらい)ムービーメーカーでちょいちょいっと編集。

この段階で合成した音声とか入れたらいいかもしれないんですが、編集でBGMとかいろいろ音声ファイル入れるときはどうしようもないんで・・・。音声タイムラインが2本あればいいんですけどね。

編集では動画時間をできれば30分くらいにしたいので、チマチマとカットしたり、早送りも入れたりしています。

それが終わったらやっと動画が完成。PCに発行して、zoomeにアップしてブログの記事にします。



この一連の流れは、エンコ時間込みで2時間かからないくらいです。字幕プレイの方だったり、編集にこだわっている方だと尋常ではない時間がかかると思われます・・・。俺って手抜きやね。。・゚・(ノД`)・゚・。

動画ファイルの大きさは、今回ののびハザPart11、12は合計41分で1.5GB。エンコしても1.48GBと、あまり変わりません。

ただ、DxRec2で録画するとaviファイルと別にAVI0ファイルと言うファイルができており、どうやらaviファイルではなくこちらが動画の本体みたいです。

DxRecはサイズが大きくなると自動分割する機能があり、それを使うと編集とか面倒なので参照型~を使っています。

これを使うとAVI0ファイルができ、aviファイルはAVI0をみるためだけのものみたいです。この二つを合わせて1.5GB。

で、wmmで発行すると、編集とかでゴリゴリカットしたりしたあとにどうやらwmmもエンコードのようなものをしているみたいで、11と12合わせてなんと123MBまで小さくなりました。

画質はやっぱり悪くなりますが、のびハザは画質がいいのか悪いのかあんまりわかんないので、これでいいかな~って思ってます。



誰得みたいな記事ですが、まあこんな風にやってんだよーってことです。音合わせのところ以外は我流。かなり行き当たりばったりです。

もっと詳しく!ってコメントがあれば1週間くらいかけて死に物狂いでやってもいいですが・・・。他サイトさんもとても丁寧に説明されているので、需要なさそうですよね。(´ー`) ウフフ


じゃあなんで書いたんだ!って言われそうですけど・・・・・・ブログってそんなもんですよ。うん。
スポンサーサイト
22:10  |  新訳・のびハザ実況  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。