05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

トップ

お気に入りサイト・ブログ更新情報

<最近のお知らせ> ◆qdBCNTwwRgでたまにSS書いてます
YouTubeチャンネルはこちら

--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.08/15(Sun)

メンテナンス

我がギター(レスポール・モデルのほう)を、初のメンテナンスに出しました。

ギターレッスンは楽器店の裏にあるスタジオでやっていて、先生がその楽器店の店長なのです。そのお店にメンテをお願いしました。

昨日の夜に預けて、今日の夕方にカムバック。ピッカピカになって帰ってきました。

SH3F0083.jpg

内容は弦高調節とオクターブチューニング、指板等のクリーニング。

弦高を調節してもらったことでとても弾き易くなりました。

そして今回のメンテナンスのキモはオクターブチューニング。


オクターブチューニングって言うのは、ただ単に弦の音を合わせるのではなく、簡単に言えば「開放弦と12フレットの音程がジャスト1オクターブ分上がっているか」みたいな感じです。

ヘッドにある白い「ナット」という部位からブリッジまでの丁度半分の場所が12フレットだから、らしいです。ここを合わせるとだいたいどこ押さえてもそんなにズレが気にならない。

やり方は、弦のピックアップ側にある「ブリッジ」というモノをイジります。ドライバーとかでネジを回し駒を上下させることで音程を地道に合わせるのです。

このチューニングが、自力でやったら何回やっても合わないんです。3弦あたりがすぐ狂う。なのでメンテしてもらいました。


で、先生曰く「このギターのオクターブちょっと変。」だとか・・・。

普通のレスポールのブリッジの駒はこんな感じ。。

lp.jpg

キレーにナナメにそろってますな。


そしてウチの子。

SH3F0082.jpg

グッチャグチャやん。でもこれでピッタリなんです。

こりゃ自力で何回合わせても合わないわけですよ。orz


オクターブチューニングがあってないと音全体がちょっと狂うので、コレでスッキリしました。
スポンサーサイト
21:12  |  ギター  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。